「白死蝶」は見ると怖いサイト?ネタバレも!【検索してはいけない言葉】

白死蝶とは「死んだ女子高生が書いた」と噂されているプロフィールページです。検索してはいけない言葉として有名で、最後まで読むと恐ろしい事が起きると言われています。この記事では白死蝶のネタバレや、似ているサイトについてもご紹介します。

この記事をかいた人

はじめまして。kisa1213です。 普段は主婦業をしたり、働きに出たりと割と自由人です。 なんにでも興味があるととことんトライしてしまいます。

白死蝶とは?検索してはいけない?

Free-Photos / Pixabay

「白死蝶」という言葉があるのはご存じですか?あまり聞き慣れない言葉なので、知らない人も多いでしょう。なんの変哲もないこの言葉が、どうやって世間に知れることになったのか、気になりませんか?

白死蝶は、女子高生が死後に書き込んだと噂されています。もちろん、死んだら書き込むことはできません。どこからうわさが広まったのか、言葉にどのような意味なのか、今回は一緒に白死蝶の真相について迫りましょう。

「白死蝶」は検索してはいけない言葉

Wild0ne / Pixabay

「白死蝶」は読みづらいですが、「びゃくしちょう」と読みます。白死蝶の言葉が有名なのは「検索してはいけない言葉」の中に入っているからです。おそらく怖いことが起きたり、呪われたりするので注意喚起しているのでしょう。他にも「検索してはいけない言葉」はたくさん存在します。

女子高生が残こした遺言とも言えるサイト、不穏な空気しかしません。拡散して広がったサイトとして有名ですが、果たして検索すると何が起きるのでしょう。なぜ、検索してはいけないのでしょう。

最後まで読むと恐ろしい目に遭う

Pezibear / Pixabay

勇敢な人は白死蝶を読み進めてしまった人もいます。読んでみた人たちが皆それぞれ「最後まで読むと恐ろしい目に遭う」と口をそろえて言うのです。では最後まで読まなければいいのでしょうか?恐ろしい目とは一体どのような事なのでしょう。

白死蝶はどんなサイト?

StockSnap / Pixabay

白死蝶がどのようなサイトなのか、気になってきた人も多いでしょう。今の段階で分かっていることは女子高生が死後に書いたという噂、最後まで読み進めると恐ろしいことが起こるということです。では実際にサイトの紹介をしていきます。

プロフィールサイトに似ている

JESHOOTS-com / Pixabay

白死蝶のページの中身はSNSのプロフィールの画面に似ています。現在とはちょっと異なり、一昔前のSNSなどで用いられる、ブログ調になっており、全く怖さは感じられません。自分の好きなものや、好きな芸能人、趣味などをカテゴリに沿って、どんどん入力し充実させていく形式です。

しかし、よく見てみると画面の文字がどうやら少し違っているようなのです。本来の目的に沿ってないと言うのが、正しいのかもしれません。だんだんと、怖くなる気配がし、雲行きが怪しくなってきました。

「白死蝶」というキーワードで検索すると出てくる

succo / Pixabay

実際に自分の目で白死蝶を確認したい人は、PCでもスマートフォンでも、検索の所に「白死蝶」と打ち込むだけで簡単にURLが一番上に出てきます。くれぐれも、怖いものが苦手な人は閲覧に充分気をつけて下さい。自己責任で調べてみましょう。

白死蝶のネタバレ

RobinHiggins / Pixabay

なかなか一人で見るのは抵抗があります。「白死蝶」を調べるのに少し躊躇した人向けに、調べたらどのような事が待ち受けているのか、一緒に見ていきましょう。何の情報無いまま、勇敢に挑んで頂いても大丈夫です。より具体的に知りたい方は、検索をして味わってから続きを見ましょう。

白死蝶はニックネーム

NEXT 白死蝶はニックネーム