木嶋佳苗死刑囚の生い立ちや現在まとめ!獄中婚やモテテクも紹介!

大学卒業後はピアノ講師・訪問ヘルパーなど転職を繰り返す

sofi5t / Pixabay

勉学に励んだ学生時代でありましたが、東洋大学へ進学すると今までの真面目に頑張ってきた優等生は初めての挫折を味わいます。学費を長期間払っておらず中退処分となってしまうのです。

憧れであった東京へ進学し楽しいキャンパスライフを夢見ていたことでしょう。学生として過ごすことよりも大人として生活を送ることとなるのです。

Free-Photos / Pixabay

得意だったピアノを生かして講師をしたり、訪問のヘルパーをし生計を立ててきました。それでも都心の生活は満足とはいえない苦しい生活を送っていたようです。

お嬢様として育ってきた彼女が学費滞納とはなぜでしょうか?それには心に傷を負う事件が起きていたのです。

木嶋佳苗のネットオークション詐欺を苦にして父親は自殺?

geralt / Pixabay

絵にかいたようなエリートの家族像は一気に崩れていく事件が起きます。一家の大黒柱であった父が車を運転中に崖へ落ち死亡する出来事が突如起こります。

真相がはっきりと解明されてはいませんが、自ら命を絶ったと囁かれています。彼女がバイト感覚で始めたネットオークションで、パソコンが落札されたときのことです。

aitoff / Pixabay

代金だけ貰い商品を買い手に送っていなかったのです。この一連で逮捕されています。よほど父はショックだったことでしょう。ファザコンとも囁かれる彼女は、父との関係は良好だったようです。

それ故に父も娘を可愛がっていたことでしょう。命を絶った理由は娘の詐欺が原因ではないかといわれています。

自己愛性パーソナリティ障害という説も

geralt / Pixabay

オークション詐欺で警察のお世話となっており、通常であれば反省をして更生しようと誓うのですが、障害をもった人物となると、学ぶどころか反省もしません。

この逮捕をきっかけにして、さらに上級の犯罪へと手を伸ばしていく彼女は、自己愛性パーソナリティ障害である可能性が高いとされます。

34680 / Pixabay

自分が手を染めた騒動に対して、一切謝罪の言葉を述べていないことが物語っていることでしょう。特徴として次こそばれないようにパーフェクトな犯罪を実行しようと学習していきます。

責任能力に問われてしまうかというと、脳機能の障害に分類されるため精神疾患とは違いますので刑罰は確定されます。

木嶋佳苗はなぜモテる?①女子力が高い

sasint / Pixabay

死亡してしまった被害者は彼女に情熱的にアプローチしています。魔性の女という言葉を独り占めして自由に男性を操り、お金をゲットしていた魅力とは何だったのでしょう?

「なぜ木嶋佳苗はモテるのか」という視点で切り込んでいきます。順番にみていきましょう。

叶姉妹を参考にキレイなしゃべり方や甘い声が魅力的

quimuns / Pixabay

日本の芸能界でセレブと言いえば、叶姉妹ではないでしょうか。おっとりとした上品な話し方と美しい立ち振る舞いは、うっとりします。彼女は自分のものにしようと研究をし習得します。

本を読むことが好きだった彼女は言葉をよく知っていました。男性が喜ぶような言葉を選んで語り掛けていたようです。実際に裁判で声を聞いた記者が、声が可愛いと漏らしたほどです。

2725881 / Pixabay

婚活サイトを利用してターゲットを見つけていましたが、メールだけでなく電話もやり取りしていたようです。通話から漏れ出る綺麗な声を聞いてしまったら、盛り上がってしまうといいます。

実際に会う前から男性が惚れてしまい、情熱的なメールを数十通も送ってきていたようです。会うことになっても姿が関係なく思えるほどに心酔していたこととも思われます。

NEXT 文字が綺麗で誠実そうに見える