【フーディーニ】世紀の奇術師の生い立ちや霊界からの暗号の謎を徹底解説!

フーディーニとはアメリカで1900年頃に活躍した奇術師です。フーディーニは没後数十年経つのに関わらず、今でもアメリカで最も有名な奇術師として名が上がります。そんなフーディーニはサイキックハンターとしても活躍しました。数奇な人生と霊界からの暗号を徹底解説します。

この記事をかいた人

初めまして。太朗と申します。趣味は映画鑑賞とゲームです。 皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

フーディーニとは

moise_theodor / Pixabay

皆さんはこの言葉を聞いて何を連想しますか?知っている方でしたら直ぐに何を指しているのか理解できるはずですが、知らない人であれば何を指しているのか分からないでしょう。初めに言葉と表現させていただきましたが少し語弊があります。本来は名前や名称に分類されるものなのです。では何の名前なのでしょうか?

この名称、名前が元ネタとなったブランドやキャラクターも存在するので、そちらをご存知の方もいるかもしれません。実は世界を代表するアメリカ合衆国の人間であればほとんどの方が知っている、『あるポピュラーな人物』なのです。世界的にも日本人であってもある分野に精通している人であれば、絶対に知っていると言っても過言ではないそんな人物です。

伝説の奇術師

Desertrose7 / Pixabay

ではある分野とは何の分野なのでしょうか?それは一種のパフォーマンス、大道芸、大衆演劇の一つと言われています。最近ではテレビでも特別番組として放送されることがしばしばあり、日本人であれば『Mr.マリック』や『マギー司郎』と言った人物があたります。もうお分かりですね、その分野とは『マジック』や『手品』なのです。

そして今回ご紹介していく人物は『史上最高のマジシャン』『伝説の奇術師』と言われており、また代名詞となっているくらい凄い人物なのです。故にアメリカ合衆国では一番有名であり誰しも知っているのです。残念ながらこの人物は既にこの世を他界しております。彼は19世紀後半から20世紀前半に活躍し、全世界を魅了したスーパースターなのです。

「脱出王」の異名をもつ

everton_ribas / Pixabay

〇〇王と聞いたら何を想像しますか?日本人であればあの大人気漫画の『海賊王』だったり野球界の『ホームラン王』である王貞治さんなんかが思いつくのではないでしょうか。現在から100年以上前にマジシャンの旋風を巻き起こしたこの人物の異名は『脱出王』なのです。何でこんな異名が付いたのでしょうか?

後述でも詳しくお話しさせていただきますが、実は彼は『マジック』『イリュージョン』の中でも最も本領発揮したのは、ありとあらゆる困難な状況、抜け出す事ができない所から、文字通り魔術を使ったかのように、簡単に脱出してしまう。そんなジャンルのスペシャリストだったのです。具体的にどんなパフォーマンスだったか後程分かり易く解説します。

フーディーニの生い立ち

1041483 / Pixabay

彼の摩訶不思議なイリュージョン、説明できず納得のつかない魔術の数々をご紹介する前に、まずは彼の少年時代やこれまでの経歴といった『生い立ち』について解説していきます。どんな偉人や歴史上の伝説の人たちも功績や成果を語り知る前には、必ずと言っていいほどその人物の生い立ちを先に語り知っておかなくてはならないのです。

果たして全世界を震撼させ、拍手喝采を貰い、未来永劫『伝説のマジシャン』と称され続けるであろう彼はどんな地で生まれて、またどんな環境で育ったのでしょうか?また彼はいつから魔術師を意識して目指したのでしょうか?そんな大変気になるところをこれから一つ一つお話ししていきます。

フーディーニはオーストリア生まれで4歳でアメリカに移住

Free-Photos / Pixabay

彼は19世紀後半1874年『オーストリア』にて『ヴェイス・エリク』という名(本名)で生まれました。オーストリアと言えば古来より音楽の聖地で知られる首都ウィーンやドイツ語で話されている事が知られていますが、彼が生まれた地はかつてのハンガリーの首都で、現在でも多くの世界遺産や名所が多いことで知られている『ブタペスト』なのです。

実は上記の事実が判明するのは彼が亡くなった数年後の事で、彼は生前アメリカ出身と公言していました。彼はまだ物心がついていない幼少期時代に、生まれた地から当時から有数の先進国であったアメリカ合衆国に移住することになるのです。そして彼は生涯の一生をアメリカで過ごす事になり、アメリカの伝説のマジシャンとして名を馳せる事になるのです。

フーディーニ家では多言語が使われていた

KevinKing / Pixabay

当然幼少期時代に違う国に移住することになれば、その国で生活していくためには新たな『言語』を覚えなくてはなりません。更に彼のご両親はもともとオーストリアの人間でありましたが、そこでも更に言語が細分化されていたので、現在のドイツ語、ハンガリー語の両方で会話が行われていました。それ故にアメリカで生活し始めてからは、色々な言語の言葉が飛び交っていたそうです。

この辺りから既に他の人とは違う異色な人物の片鱗を見せ始めていますが、この後さらに色濃く『伝説のマジシャン』としての人物が形成されていきます。果たして彼はいつマジックや手品に興味を持ち、人生のテーマにしていったのでしょうか?次にそちらについてお話ししていきます。

フーディーニはマジック本からマジシャンを志す

jarmoluk / Pixabay

彼は16.17歳つまりは高校生くらいの年ごろの時に、日本であれば口寄せと呼べるような、この世の森羅万象の意思や魂と通じ合い超能力を生み出す『霊媒』のマジック本に興味を持ち愛読するようになりました。その本には原理やタネが分からないと、奇想天外な現象が起きていると錯覚してしまうイリュージョンのトリックが事細かに掲載されていたのです。

その中でも彼の目を引いたのは、後に彼がその道のスペシャリストとなった『脱出』の元になったであろうイリュージョンの原理やテクニックでした。そしてこれが彼が魔術師を目指したきっかけとなったのです。世間的に知られてる彼の名前は、実は実名ではなく芸名なのですが、その名称は当時、世界的知られていたアメリカとフランスのマジシャンの名前を組み合わせたものです。

フーディーニの得意技①脱出芸

NEXT フーディーニの得意技①脱出芸