沖縄の心霊スポット25選!行くと後悔するヤバすぎる危険なスポットまとめ

目次

沖縄のヤバすぎる心霊スポット25選③中城高原ホテル(中頭郡北中城村)

designermikele / Pixabay

中城高原ホテルは、世界遺産にも登録されている中城城跡の近くにある廃ホテルです。1970年代から建設が開始されたそうですが、建設会社が倒産したことにより工事がストップ。以来放置され、廃墟となりました。

子供の霊が出没する

廃墟マニアに注目される一方で、心霊スポットとしてもよく知られている場所です。工事途中でありながら、一時期は営業していたらしく、その間に敷地内のプールで子供が亡くなる事故があったとのこと。プールでお供えをしたり、線香を焚いたりすると子供の泣く声が聞こえてくるそうです。

他にも、首なし男や、物陰に隠れる外国人の霊を見たという噂があり、周辺から多くの亡霊が集まる場所になっている考えられています。

沖縄のヤバすぎる心霊スポット25選④万座毛(国頭郡恩納村)

PublicCo / Pixabay

万座毛(まんざもう)は、青く美しい東シナ海に向かって張り出した切り立った崖があり、絶景スポットと言われる観光名所です。一方で、いまだに身投げする人が絶えない自殺の名所としても知られています。

防空頭巾の人達が行列を作る

沖縄戦に際して、恩納村付近は激戦地となり、アメリカ軍に追い込まれた住民たちは万座毛から海に飛び込んで集団自決する道を選びました。

彼らの霊は、いまだ成仏できずにこの地を彷徨っているらしく、防空頭巾を被った数十人の行列が、海から現れることがあるそうです。また、写真を撮ると無数の手や顔が写ったり、深夜になると兵士の霊が隊を成して迫ってくるという噂もあります。

沖縄のヤバすぎる心霊スポット25選⑤森川公園(宜野湾市真志喜)

Free-Photos / Pixabay

宜野湾市内にある広い公園です。展望台やテニスコートなどがあり、市民の憩いの場となっています。そして、ユタの三大修行場の一つに数えられてもおり、天女の羽衣伝説も残っている神秘的な場所です。

大穴に落ちたら出られない?

そんな森川公園は、危険な心霊スポットとしても知られており、地元の子供たちは、夕方以降は公園に入らないよう、親から言いつけられているそうです。霊感のある人が近づくと頭痛がしたり、急に肩が重くなったように感じるとのこと。

実際に、戦時中は多数の死者が出た場所であり、日本兵の服を着た幽霊が現れることもあるそうです。また、園内のどこかには大きな穴が開いており、そこに落ちたら二度と出られないという噂もあります。

沖縄のヤバすぎる心霊スポット⑥前田トンネル(浦添市前田)

Tama66 / Pixabay

浦添市内にある前田トンネルは、二つのトンネルが並んでいる少し珍しい形をしています。奇妙なことに、その片側は建設当時から通行止めにされたままで、10年以上もの間工事がストップしているとのことです。もう一方のトンネルは利用されてはいるものの、日が暮れた後には人通りがほとんどなくなると言います。

必ず幽霊が出る!お化けトンネル

すぐそばには霊園があり、上には「玉城朝薫の墓」という史跡があるこのトンネルは、地元ではよく知られている心霊スポットです。夜に通ると必ず幽霊に会ったり、頭痛などの体調の異変をきたすと言われています。

NEXT 沖縄のヤバすぎる心霊スポット⑦チビチリガマ・シムクガマ(読谷村波平)