バター犬とはどんな意味?育て方や事件、男性をバター犬にする方法も

バター犬ができるほどに犬は性欲が強いの?

watcharaph / Pixabay

わんちゃんももちろん子孫を残すために性行為をします。そして、繁殖期になればなるほどそれは頻繁にに行われてくるでしょう。では人間のように性に関して感情のようなものはあるのでしょうか。おそらくそれはないかもしれませんが、本能のままに動いていくのも大切なことですよね。

犬の交尾について①マウンティング

cocoparisienne / Pixabay

このマウンティングとはパピーの時に遊びなどでの力関係を知るためなどにも使われるものですが、変に覚えてしまうと厄介なことになってしまいます。おそらく子犬から買ったことのある方はご存知かと思いますが、よく脚や自分の腕に寄ってきて腰を振ってくる時があるかと思います。

これをマウンティングといい、わんちゃんが興奮により行われることを言います。なのでもしバター犬にさせた場合、途中で舐めるのに興奮してしまったらマウンティングをしてしまう可能性があるので、気をつけるべきなのです。おそらく躾がだいじでしょう。

犬の交尾について②犬の射精は20分~30分以上続く

annca / Pixabay

ワンちゃんの場合は人間と違いとても長い時間かけて行います。その中で数回に分けて射精をしをし、それを約30分程度かかってしまい、そして最も危険なことは、ワンちゃんの性器は人の物と大きさは変わらないですが一度は行ってしまうと膨らみ、蓋のような役割をして抜けなくなります。バター犬を行うのは危険だとも言われています。

犬と獣姦した事件もあるが大変危険!

RyanMcGuire / Pixabay

ほとんどこのような事件が起きて報道されているのは海外で多く発見されていますが、人間が死亡してしまう事故も多くなっているので危険な行為です。そして、動物に対してもホルモンが不安定になったりするため、動物虐待と言えるほどの罪を問われてしまいます。このような危険な行為は自らするものではありません。

バター犬だけじゃない!獣姦には宗教的・歴史的な意味がある?

Comfreak / Pixabay

これまでにお話ししてきたことはすべての動物、生き物に対して行われてきました。そして、近年で事件となり罪に問われる人、死亡する人も多かったのです。それではさらに過去を遡ってみましょう。このようなバター犬のような行為は厚皮行われていたのでしょうか。

中世ヨーロッパでは獣姦は魔女の行為として処刑の対象に

古代の中世ヨーロッパぱに属する国は、魔女を恐れられていた時代がありました。その中でも魔女と思われた人々もが、他の住民が安心できる生活を求めて狩っていったのです。その中でも獣姦は魔術と恐れられていたので、それを行なった者とその動物は殺されてしまうのです。

ギリシア神話は獣姦から始まる話が多い

Comfreak / Pixabay

皆さんがご存知の全知能の神様であり天の神様でもあるゼウスがギリシア神話の中でもよく知られるはなしであります。彼はヘレネーというとても美しすぎる子を授かりましたが、ゼウスは妻であるレーダーと行為をした時白鳥になったとされています。

ということならば動物との人が行為をするということになり、彼の子ヘレネーはその間にできた、二つの種族が重なり合う人として生まれたのです。諸説上でも白鳥と人の間に生まれる子が美人だなんて羨ましい限りです。

日本にもオシラサマとい伝承がある

intographics / Pixabay

あのジブリでも知られている千と千尋の神隠しにも登場する、赤いお椀を被りら大根のような体を持つオシラサマという神様についても説があります。この神様は農業や養蚕、そして馬の神様であります。ですが、この神様の奥さんは人間で、もともとおしら様も馬でありました。そこからいろいろな経験により神様になったのです。

また、岩手県の遠野という場所では昔から古い伝説などが言い伝えられています。そこを拠点としたはなしで遠野物語というストーリーがありますが、おしらさまはその話に含まれているのです。多くの伝説が語り継がれる地、遠野にぜひ訪れてみてください!

NEXT バター犬の認知度はどれくらいか