バター犬とはどんな意味?育て方や事件、男性をバター犬にする方法も

バター犬の認知度はどれくらいか

Chiemsee2016 / Pixabay

今までバター犬バター犬と連呼してきましたが、それでは実際この行為を、またワンちゃんを使って行なっている人たちはどれくらい、どの世代で人気なのでしょうか。なかなか知られていないこの言葉ですが、やはり傾向がこの行為を行う人は一緒なのです。

若手には少なく熟年に多い

Bessi / Pixabay

あなたが10、20代でしたらバター犬と聞いたことがありますか?若い年齢の方はあまり聞いたことがないでしょう。ですが40代50代となってきた場合、相手が見つからなくその相手代わりとなるのが動物なのです。なので、もし独身状態となった場合おそらくこの行為に走ってしまうかもしれません。そのほかの犬関する記事はこちら

バター犬が発展すると

AndiP / Pixabay

バター犬はあまり世に知れ渡っていませんが、もし、このワンちゃんを使った行為などがこの世の中で一般的になったらどのように考えますか?もちろんワンちゃんなど動物を飼うことは必須となるでしょう。ですがそれと同時に欲求を満たし、リスクを追いながら満足することもできます。

バター犬がポピュラー化で風俗店撤退

Averyanovphoto / Pixabay

これは仮説に過ぎない話ですが、もしバター犬が人気の時代が訪れたとしたら、誰もが行なってしまうでしょう。ということは、わざわざお店に行ってお金を払い、自分の快楽を満たしてもらうような風俗店は必要なくなるのです。

そしてテクノロジーなど化学がさらに発展すれば、生き物からロボットになりどんどん時代が変わっていくでしょう。このようなことから最終的に、それ専用のお店は消えて無くなるのではないかと、考えられています。

バター犬はエロの人気ジャンルだが実行は危険!

Azoreskid14 / Pixabay

これまでおはなししてきたように、可愛い愛犬や家畜などを使って行なってしまう行為はとても自分の欲求を満たすことに最適なのだと、事件などを通して証明されてきました。ですが、もちろん動物も生き物です。それなりにリスクがあり、命に関わることとなります。行うのであれば覚悟を持ちましょう。

ガイジーヌに関する記事はこちら

クレヨンしんちゃんにしろに関する記事はこちら