千歳楼で発見された白骨死体の謎|愛知県最恐の心霊スポットで何が起きたのか?

千歳楼は経営不振により現在は廃墟となっています。閉鎖後に何度も不審火に遭い内部が荒れた状態であること、1階で白骨死体が見つかったことから現在は立ち入ることが出来ません。この記事では千歳楼で発見された白骨死体の謎や心霊現象について紹介していきます。

この記事をかいた人

大学、大学院を獣医学部にて過ごし、養った知識と共に、興味あふれる内容をお届けします。

千歳楼は愛知県最強と噂の廃墟で心霊スポット

この場所には誰も近付けず近付かず、知る人ぞ知る心霊現象が起きるスポットとして廃屋のまま残されています。かつては旅館として賑わっていましたが、現在では見るも無残な心霊スポットとして別のジャンルの方々に人気となっているのです。

こちらの記事ではどういった心霊現象が起きるのかも含め、過去大繁盛していた時代のご紹介やどうして廃墟となってしまったのか、また白骨死体が見つかった経緯についても踏まえて詳しくこの旅館についてご紹介させていただきたいと思います。

千歳楼とはどんな場所?

旅館が倒産して以来、誰の手も入っていない建物のため、老朽化が進み電気も通っておらず、そのせいで自然発火が起こり屋内では焼け落ちてしまった場所も存在します。かつてはとても栄えた観光地であったのですが今は悲しくも見るも無残な姿となっています。

廃墟であり心霊スポットとして有名なスポット

敷地も大きく、管財人とも連絡が取れないことから取り壊しも難しく、火災や割れた窓ガラス、障子などの見た目も相まって、インターネット上では絶好の心霊スポットとして情報が出回っています。しかし、廃墟と言えど勝手な侵入は不法侵入となるため、書類送検されてしまう例も少なくはありません。

千歳楼は陶芸家の交流場所として賑わう

AG2016 / Pixabay

自然豊かな落ち着いた立地に駅が近いという事もあり、政府のお偉いさんや、有名な事業家、また陶芸作家が利用していたとされており、そのために数多くの作品が旅館に飾られ、陶芸作家たちの集う交流場所としてにぎわいを見せていました。

経営不振のため2003年に廃業

全盛期では付近だけで8軒も構えており年商10億近くあったとされていますが、その景気も衰え続け、廃業までの衰退の道をたどりました。様々な催し物での集客もむなしく、6億抱えた負債と共に旅館は倒産したのです。

千歳楼で本物の白骨死体が見つかった

elianemey / Pixabay

倒産後も数多くの不法侵入が起こる中、警察に入った通報により、廃屋旅館の1階に白骨した死体があることがわかりました。既に白骨化している事よりかなりの年数そこに放置されていた事が明らかとなり、インターネット上の心霊書き込みとしても世間を賑やかせたのです。

千歳楼の1階で白骨死体が見つかった

ronymichaud / Pixabay

見つかった遺体は半袖シャツとGパンを着用し、下着も2枚ずつ身にまとっている不自然な姿で発見されました。外傷もなく、死因が不明で調査をしても身元が不明の謎が多き白骨死体はいつからそこにあったのかすら状況がわかっていません。

16歳の少年が通報し発覚

NEXT 16歳の少年が通報し発覚