【イエグモ】ゴキブリや害虫を食べてくれる益虫の生態や種類、特徴まとめ

イエグモの「闘クモ」①江戸時代の「座敷鷹」

Kanenori / Pixabay

時代は遡る事江戸時代です。ハエのいるところから同じくらいの距離を離した位置に自身の蜘蛛を置き、どちらが先に捕獲するかという事を競う競技でした。ジャンプ力に優れる個体は高値で取引されていたとされ、とても高価な箱で飼育を行っていたりとペットとしても大切にされていました。

現代においては野生の個体を自身で捕まえて飼育することが可能でしたが、この時代において虫をペットとして飼う風習は珍しく、自身で捕まえて愛玩動物へという概念がそもそもあったのかも定かではありません。娯楽の一環として闘犬のような感覚で蜘蛛を取引していたのかもしれません。

イエグモの「闘クモ」②現代も残る「ホンチ」

ulleo / Pixabay

現代でもその風習が一部の地域で受け継がれており、駄菓子屋などで売られていた専用の小さめの紙の小箱で子供たちは蜘蛛を飼育し、手の上で戦わせるという競技です。しかし、現代社会の渦の中でその風習は消えつつあり、保存協会の方により風習があったことは残されていますが、実際に行っている方々は少ないようです。

この風習が無くなっている理由は子供達の遊びにテレビゲームなどが出現してきたこともありますが、他にも大きな理由があります。動物愛護に関して現代はより深く人々が干渉するようになってきました。そんな中で生き物たちを無下に戦わせる事はあまり良しとされないのです。

イエグモに似ているダニがいる?!

こちらも私たちの身の回りに生息してる生き物ですが、見た目が雲にそっくりな生き物がいます。間違えて放置してしまうと大変な事になりかねないため、しっかりと区別できるようこちらの記事でもご紹介させていただきたいと思います。

しかし益虫とされる蜘蛛ににていますが、相手は害虫です。良い効果どころか悪い効果を私たちに運んできてしまうため、見つけ次第駆除するのが一番です。また家の中で見つけた場合には徹底したお掃除を心がけると良いでしょう。

イエグモと間違えないように!「タカラダニ」とは

5~7月には要注意です。生態があまり調査されていない生き物のため、人を噛むとはされていますが、実際どういった炎症が起きるのかも明確ではありません。小さくて赤い体の生き物を見つけたら水圧を利用して洗い流してしまったりと対処をしておきましょう。

詳しい生態が知られていませんが、人を噛むことがないとされています。しかし、潰して出てきた体液は人によって皮膚に炎症が起こる可能性があるとされています。出来るだけ地肌では触れず、水圧など水を使用しての駆除方法などを使うように心がけましょう。

イエグモを飼いたい!購入、飼育方法は?

krzysztofniewolny / Pixabay

ペットとして飼育ができるほど大きな個体も存在し、人に実害がないことからとても飼いやすく人気の生き物です。買う場合は水槽など、他の虫と似たような飼育方法ができます。こちらではペットとして飼育する場合のご紹介をさせていただきます。

また、購入方法などもご紹介させていただきますが、お家にも表れるような種類は購入するより自身で捕獲することをお薦め致します。理由に関しては後述させていただきますが、お財布にも優しく生き物にも優しく飼育できるため、ご検討してみてください。

イエグモの購入方法

armennano / Pixabay

多くの方は野生の個体を捕まえて飼育されていますが、インターネット販売の需要も高まり1000~2000円ほどで販売されています。またインターネットで購入した場合は一般的な荷物のように配送してもらう形になるのです。

虫と言えど運搬ストレスは少なからず感じているのではないでしょうか。それであれば近くの草むらなどに出向き、野生の個体を捕獲したほうが彼らのためかもしれません。しかし、一度飼育個体になった生き物は野生復帰が難しいため、生涯面倒を見る覚悟と共にお迎えしましょう。

イエグモの飼育方法

krzysztofniewolny / Pixabay

1つネックがあるとすると、生餌しか食べないことかもしれません。蜘蛛が虫ということから生餌に抵抗がない方も多いかと思いますが、与える場合はミルワームやコオロギなどを与えるようにしましょう。

また、飼育ケージはプラスチックケースやガラスケースなどお好みのケースを使用して飼育が可能です。しかし、夜行性のため日中にゆっくりと身を潜めて休めるシェルターは入れてあげましょう。また、床材は使用しない方もいらっしゃいますが、砂利や腐葉土を敷いてあげても良いでしょう。

イエグモ以外にも!飼育におすすめのペットクモとは?

SarahRichterArt / Pixabay

家の近くで捕獲が出来る種類もペットとして魅力的ですが、他にもペットショップなどで売っている珍しい種類の中にもカッコよく、人気の高い種類が存在します。この生き物自体の特徴として、ペットとして飼育が簡易のため気になる方は是非ペットショップを訪れてみてください。

また特殊な種類の中には毒を持つ種類も多く存在します。タランチュラの仲間は特に強い毒を持つ種類が存在するため、飼育を考える際にはしっかり調べ、ペットショップの店員さんにも相談してから購入することをおすすめします。

NEXT イエグモ以外にも!飼育におすすめのクモ①チャコジャイ