ウォーリーを探さないでとは?じっと見ると後悔する?続編や元ネタも紹介

ウォーリーを探さないで」とはフラッシュゲームの1つで、“検索してはいけない言葉”としても有名です。心臓の弱い方は見てはいけないという注意書きの通り、最後には驚きの仕掛けが。この記事では「ウォーリーを探さないで」の内容のネタバレや続編について紹介します。

この記事をかいた人

自由気ままな子なし主婦。興味があること、みんなに知ってもらいたいことを書いていきます。

「ウォーリーを探さないで」とはどんなフラッシュ?

ウォーリーを探せなら皆さん一度は聞いたことや見たことがあるかもしれませんが、これは全くの別物で子供と楽しく遊べるゲームではありません。ウォーリーを探さないでとはびっくりというカテゴリに入る検索してはいけない言葉です。

  じっと見ていると画面が切り替わるビックリ系フラッシュ

septimo77 / Pixabay

検索してはいけない言葉なので、怖くて見れないという人のためにまずは簡単にどのような動画か解説していきます。動画のサムネイルはしばらくはホラーでも何でもないただのウォーリーを探す動画ですが、突然画面が切り替わったかと思うと恐ろしい画像が表示されます。

一部のサイトではタイトルが「ウォーリーを探せ」なので注意

geralt / Pixabay

検索してはいけない言葉通りに動画のタイトルが付けられているならまだ良心的です。しかし、一部のサイトではウォーリーを探せという原作のタイトルが付けられており、ホラーやオカルトに詳しくない方だったら引っかかってしまうように作られています。

ウォーリーを探せとは本来子供が遊ぶものなので怖がらせるために原作のままの動画タイトルを使っていることがあります。子供やこのようなびっくり系の動画が苦手な人が見ないようにするために注意が必要です。

「ウォーリーを探さないで」の内容について詳しく紹介!

気にはなるけど、怖くて動画が見れないという方のためにここでは動画の内容をできるだけ詳しくご紹介していきます。怖い画像やグロい画像等は出てきませんのでそういうのが苦手な方も安心してお読みください。

心臓の弱い人は注意が必要な「ウォーリーを探さないで」

GDJ / Pixabay

検索してはいけない言葉の中でもびっくり度がかなり上位で予めドッキリ系とは分かっていても実際に見るとかなりの衝撃で心拍数が跳ね上がります。健康な人でもかなりの驚きなので心臓が弱い人は絶対に見るべきではありません。

絵本『ウォーリーを探せ!』のような絵柄の遊園地の絵が表示される

Free-Photos / Pixabay

最初からホラーのような雰囲気があるわけではなく、しばらくは楽しげな音楽と静止画が続きます。遊園地の画像で通常のウォーリーと変わらずゲームを楽しむことが出来ますが、ウォーリーに似た人は居てもウォーリーは居ませんので探すことに熱中し過ぎて画面を近付け過ぎないようにしましょう。

BGMの音量が小さめ?しかし音量を上げると後悔することに

bogitw / Pixabay

音量が非常に小さいためかなり聞こえづらいものとなっています。どれくらい小さいかというと冷房を付けた部屋でテレビを付けた状態でアイフォンで見ると音量を最大少し前まで上げないと音楽が聞こえづらいです。

あれ?聞こえづらいなと思い、音量を最大まで上げると画像が切り替わった時に流れる叫び声がとてもうるさくかなり驚きます。これは意図的に小さく作っていてわざと音量を上げさせてびっくりさせることを目的としています。

突然画面が切り替わる!大音量の叫び声と共に恐怖画像が表示される

NEXT 突然画面が切り替わる!大音量の叫び声と共に恐怖画像が表示される