サスケェ!の元ネタはナルト!オレオやハッピーセットとの関係も!

サスケェ!以外にNARUTOでネタにされている有名なセリフ

Free-Photos / Pixabay

メインとなるキャラクターのナルトはサスケのネタだけでなくかなりの人気も面白さでカバーされています。やはり流石のメインとだけあってサスケとも劣らず張り合いのあるストーリーともなっていて見応えもありますよね。

「やはり天才か」「大した~」がもはやネタに

O12 / Pixabay

皆さんもご存知であるであろうNarutoシリーズに出てくる主人公のナルトの同じグループであるサスケがいつも強さを求めてナルトや兄、先生などとも戦ったりします。その中でメインキャラクターであるナルトがサスケに強さを求めて悪くなる方向に行く度に、サスケぇ!と叫び戦いに挑みます。

うっとうしさがクセになる「〜だってばよ」

ivabalk / Pixabay

母親譲りで何か話した後の最後にくっついてくる「だってばよ」はナルトの象徴といってもいいほど、多くの人に知れ渡っています。ナルトに登場してくるキャラクターは個性あふれる者が多く、その中の一番といってもいいほどです。ですがこの口癖がなければナルトという感じがしないのは、不思議なことですね。

すべて解決しすぎ?「わかるってばよ」

StockSnap / Pixabay

ストーリー上で数多くのハプニング、特に人間関係で起きてきた問題で、必ずといっていいほどナルトが問題児と戦う際、最終的にはナルトは相手を理解し、それによりナルト側の方に導いていく形をとります。この問題はなんといっても最後は皆が仲良くなる方向性になるので、不満な人も多少出現する話となってます。

サスケェ以外にもジャンプ作品はコラ画像・改変ネタが多い

Merio / Pixabay

ナルトはもともと週刊少年ジャンプの漫画に載っていたものになりますか、このマガジンはなんといってもコラ画像やネタとして楽しむことのできる話が多いのです。ですがこれは危険も伴い、もちろん著作権というこの世界の法律があるため、あまり行わないことをお勧めします。

衝撃的なシーンが多い「HUNTERHUNTER」

Noupload / Pixabay

誰もがこの漫画を読めば、すごすぎるでしょ!と驚愕してしまうような場面を目撃するかと思います。許してもらう際に腕を犠牲にしたり、なかなか残酷なことまで描かれているので、小さい子達がこれを読んでるとなると、なんとも言えないものになりますね。

真面目すぎるセリフが笑に変わる「DEATH NOTE」

Cuyahoga / Pixabay

アニメも実写版でも有名になったこのストーリーは、こちらもえええと思うほどインパクトなものとなっています。上の階から落ちて下でマットで受け止めるはずが、マットが間に合わずそのま落下してしまったり、たしかにのちに自分達で画像を編集するときは面白いものになりそうな内容っぷりです。

 

人気ゆえのいじりが多い!「ONEPIECE」

Conmongt / Pixabay

やはり世界でも人気なワンピースは誰もがご存知のものでしょう。ですが、目玉が飛び出すほど驚くシーンや、泣きながら叫ぶシーンなどが数多く、一番加工しやすいといっていいほどのベストなデッサンが多く存在しています。ワンピースはコラ画像の方かといっても間違いありませんね。

NEXT 独特の効果音もネタに「ジョジョの奇妙な冒険」