華城連続殺人事件の犯人は?時効を迎えた未解決事件の真相とは?

華城連続殺人事件は韓国で起きた未解決事件の1つで10人の女性が殺害された凶悪な殺人事件です。映画の題材にもされた事件ですが、2006年に時効が成立し犯人は未だ捕まっていません。この記事では、華城連続殺人事件の概要と事件のその後に迫ります。

この記事をかいた人

テニス・旅行が趣味です。 共感できる内容や魅力のある記事を紹介したいと思います。

華城連続殺人事件とは?韓国を揺るがした未解決の連続殺人事件

1986年から1991年のわずか5年間の間に大韓民国の華城市近辺で10代から70代の女性10名が殺害された未解決事件となります。韓国で起きた史上初の連続殺人であり大規模な操作が展開されることになりましたが、結局のところ犯人をみつけだすことができず時効が成立し迷宮入りした未解決事件となります。

未解決事件は、残虐性や未解決となった理由などから社会的関心が高くなります。そのため映画やドラマなどの題材に取り上げられることもあり、作品の中でもう一度事件を洗い出し解決のヒントを見出すこともできます。この華城連続殺人事件を題材にした映画も存在しています。

華城連続殺人事件で起きた10件の殺人の概要

韓国をの歴史上類をみない残虐な事件として韓国国内だけでなくアジア全土を驚愕させた事件となります。この事件は京畿道華城郡(現在は市)台安村の 半径2㎞圏内で10名の女性が犠牲となった事件になります。殺害された女性の概要について紹介していきます。他に日本や世界で起きた謎の多い事件に関する記事はこちらをご覧ください。

初めの犠牲者となったのは71歳の女性

Free-Photos / Pixabay

最初の犠牲者が出たのは71歳の女性で、1986年の9月早朝、娘の家に泊まり帰宅途中に被害にあったとみられています。遺体は畑の中から発見され下半身のみ裸にされており足はXの字になるように縛られて腹部に密着させられていたそうです。

2人目の犠牲者は25歳の女性、現場からは毛髪が発見される

最初の犠牲者出てからわずか1カ月後、次の犠牲者となったのは25歳の若い女性でした。お見合いの帰りに殺害され遺体は用水路に足を折り曲げて全裸の状態で発見されています。遺体から細いもので刺したような傷が4か所見つかりましたが、直接の死因は首を絞められたことによる窒息死でした。

また、今回の現場からは前回は発見できなかった犯人のものと思われる毛髪が見つかっており、6本見つかった毛髪の内4本がB型の血液型で他の遺留品から採取された血液型もB型であったため、犯人はB型の可能性があると推測されています。

3人目の犠牲者は24歳の女性、遺体には異常な行動の痕跡

StockSnap / Pixabay

3人目の犠牲者となった24歳の女性は、夫と食事に行き夫は仕事に戻ったため一人で帰宅途中に行方不明になっていましが。行方不明になった約4か月後に被害者の家から僅か50mしか離れていない田の畦から発見されました。

遺体は、死後かなり立っているとみられ腐乱した状態で、被害者の頭部から顔にかけて下着が被せられ口にはガードルとストッキングの片方が押し込められて異様な状況でした。もう片方側のストッキングが首に巻きつけられており首を絞められて殺害されています。

4人目の犠牲者は23歳の女性、傘で陰部を刺されていた

himanshugunarathna / Pixabay

3人目の犠牲者となった女性同様、遺体は腐乱した状態で発見されています。被害者は帰宅途中に行方が分からなくなっていた23歳の女性と判明しましたが、この被害者の殺され方も異質な状況でした。

被害者は自分の傘で陰部を何度も刺されており、両手を後ろに回された状態でブラウスで拘束されており、頭にはガードルが被せられており首にはストッキングが巻き付けられた状態で田の畦の胡麻の束の中で発見されました。

5人目の犠牲者は18歳の女性、犯人の血液が検出

klimkin / Pixabay

学校の帰りに友人と別れたあとから行方がわからなくなっていた18歳の少女が5人目の犠牲者となりました。行方が分からなくなった翌日、両手を後ろで拘束され口には靴下が押し込まれており衣類は一度脱がせた後再び着せている痕跡がありました。

マフラーで首を絞められ殺害されていましたが、犯人のものと思われる血痕と体液が見つかっておりいずれもB型の血液型であることが判明しています。今回の事件で初めて未成年者が犠牲になりました。

6人目の犠牲者は30歳の女性、犯人の足跡が発見される

NEXT 6人目の犠牲者は30歳の女性、犯人の足跡が発見される