【DQNの川流れ】玄倉川水難事故被害者の暴言とは?生存者のその後は?

DQNの川流れとは玄倉川水難事故を指す言葉です。被害者らの非常識な行動や暴言に対し、世間からは非難の言葉が相次ぎました。被害者らは個人名や会社まで特定される事態になりました。この記事では、DQNの川流れこと玄倉川事件の概要や、被害者たちの現在についてまとめます。

この記事をかいた人

彼にはもう八十四日間も一匹の魚も釣れない日続いていた。 釣れない時は、魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい。

DQNの川流れとは?玄倉川水難事故のこと

LubosHouska / Pixabay

たくさんの死傷者を出した大変い悲しい事例です。災難にあった人々は自業自得と言える行為でもあり、しかも一団の一部の者の言動が物議を醸しだすような内容であり、多くの人々からあきれてるようにも取れる反感の声があがりました。

DQNの川流れこと玄倉川水難事故はどんな事件?

bhossfeld / Pixabay

ある会社の社員の方々が子供を含む家族や婚約者、さらに彼らのの友達でキャンプに行ったときに、起こった水の災害によるアクシデントです。最終的には、なんと合計で13人の犠牲者がでてしまった、とても凄惨な結末でした。

DQNの川流れの概要①1999年8月に発生した

Hans / Pixabay

神奈川県の足柄上郡山北町に位置する丹沢山付近を元に流れています。14日に始まり、2日目にほとんどの救助が完了し、また同時に亡骸もすくいあげました。しかし、それから約15日後になる8月29日の自衛隊の捜索が打ち切りになる間際になって、なんとかラストの一人の方が見つかり収束となります。

DQNの川流れの概要②神奈川県の玄倉川のダムの下流が事故現場

LoggaWiggler / Pixabay

遭難した場所は、砂を防ぐ為に備えられた立間堰堤の上流の水の流れが湾曲するポイントから広がったいるように陣取られているような堆砂地でした。ぱっと見は、傾斜もきつい場所でなくキャンプをするには適したところにみえるのですが、実は大雨になってしまうと、水没してしまう恐ろしいエリアでもありました。

もともと降水量の多い場所

丹沢山地は鉄道などの交通の便も良く、登山者がたくさん訪れる場所ではあります。しかし、相模湾や湘南海岸の湿度の高い空気が流れてくる影響で、冬場以外は降水量の高いところでもあります。玄倉川の水源は、丹沢山地の中でも特に高い峰蛭ヶ岳、檜洞丸、塔ノ岳を始めとする傾斜のきついところからのものになります。

DQNの川流れの概要③当日は豪雨だったが避難勧告を無視

Dragonheart55 / Pixabay

8月13日の時点でダムを管理している職員が雨天のため周りを見て回りました。行楽客を見かけたら、ハンドマイクを使って、雨の為水量が増えていくことで、水位が上昇してしまうことに危険を促し、退避するように伝えてまわりました。その時、ほんとどの人々は退避したのですが、事故に遭った一行は警告も虚しく、キャンプを続行していました。

その後も

サイレンを鳴らし警告をしたのですが、効果はなかったです。天候を見て、このままでは大惨事になると判断し、ダム関係者は警察にも応援を要請し、彼らが駆け付けて退避を促しましたが、もはや水流が激しく、一行の傍まで近寄ることもできない状況になっていて、万が一の場合は後ろの山に退くように勧めました。

DQNの川流れの概要④川の中州に18名が取り残された

Free-Photos / Pixabay

事故にあったグループのうちほとんどの方がが亡くなってしまうという結果を迎えてしまいましたが、原因は自然災害によるものだけとは言い難いです。一番の要因となったのは、幾度も退避勧告があったにも関わらずキャンプを続けてしまったとが大きく、仮にすぐに指示を聞いてその場を去っていれば誰も犠牲にならずにすんだかもしれません。

DQNの川流れ事故の時系列

NEXT DQNの川流れ事故の時系列