東京心霊スポットおすすめ36選!心霊現象と危険度をランキング形式で発表

東京心霊スポットを36ヶ所厳選して危険度順にランキング形式で紹介します。東京心霊スポットで本当に起きる心霊現象やいまだに残る呪いの伝説などやばい心霊スポットを集めました。また心霊スポットマニアのために東京近郊の心霊スポットや廃墟も一緒に紹介します。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

【東京心霊スポット】ガチでやばいランキング36選!

Pexels / Pixabay

心霊スポットと言えば恐らく多くの人たちが廃墟となった病院、うす暗いお墓や墓地、使われ亡くなって灯りのない洞窟などをご想像されるはずです。常に最先端の文化、新しいモノが流れて取り入れられる大都会の街『東京』

お洒落で華やかなな街並みや高層ビルがそびえ立っていて多くの人たちが行き交う街では、薄気味悪く、光が当たらずひと気が少ない。『オバケ』や『幽霊』が出てきそうな場所とはきっと無縁であると先入観が働いてしまうでしょう。しかしそんな大都市大都会の東京においても、身が凍り付き肩が重くなってしまうような『やばい場所』が数多く存在しているのです。

東京心霊スポットランキングの基準

sthenostudio / Pixabay

今回はそんなお洒落で流行や文化の最先端を行く大都市『東京都内』に存在する、肝が冷え冷えになり身の毛がよだち、恐怖で震え上がってしまうような心霊スポット、(怪奇スポット)をランキング形式で皆さんに徹底的にご紹介していきます。

どれくらい悍ましく怖いやばい場所なのか。(恐怖点・危険度)アクセスや交通機関の充実度、訪れやすいか足を運びやすいか。(交通アクセス点)どのくらいお勧めできるのか(おすすめ点)の3項目からランキングの順位の基準にして総合的に位置付けしています。

東京心霊スポットに行くときの心構え

Activedia / Pixabay

今回ご紹介するのは東京都内にある場所なので、その多くは関係のない話ですが、無許可や勝手に足を踏み入れてしまうと不法侵入や器物破損などの犯罪を問われる場合もあるので、事前に下調べをしておきましょう。また万が一取りつかれてしまったり、呪われてしまった場合は人体や精神に悪影響を及ぼしかねないので、除霊の効果がある『塩』や『浄めの水』を持参したほうが良いでしょう。

そしてナビやGPSにも載っていないような誰も寄り付かない場所や電波が届かない場所で、万が一事件や事故に巻き込まれた場合、事態発覚、身元発見が遅れてしまう恐れもあるので予め知人や家族に連絡するなどして対応しておきましょう。日本の最南端に位置する南国、琉球の国『沖縄県』の心霊スポットに行ってみたい方、興味のある方はこちらの記事を合わせてご覧ください。

東京心霊スポットランキング第36位〜第31位

Free-Photos / Pixabay

もしかしたら何かやばい事が身に降りかかるもしれない地に足を踏み入れる際の心構えについてはある程度理解して頂いたはずです。では早速【第36位~第31位】のカテゴリーにランクインした、東京のやばい場所・スポットをご紹介していきます!果たしてどんな名所や場所が出てくるのでしょうか?

東京心霊スポット第36位「東京タワー」(港区)

LittleMouse / Pixabay

最初にランクインしたのはその知名度や認知度は間違いなく、世界的にも日本国内でもトップクラスである『東京タワー』、スカイツリーが開設される前は関東圏の広い範囲のTVやラジオなどの電波塔としてまたお洒落なデートスポット、日本を代表する観光スポットの筆頭する名所であり観光地なのですが何故そんな『恐怖』や『オバケ』とは無縁そうな場所がランクインしたのでしょうか?

実はその大きなタワーが建てられた土地の歴史を見れば、恐怖や心霊なんていう言葉が付きまとっている『所以』が一目瞭然なのです。実は東京タワーが建てられたその土地は、多くの死体の亡骸が埋まっているような貝塚や墓地だったのです。それを無理やり立て壊して建設したらしいというのだから、霊魂や幽霊が徘徊していておかしくないのです。

心霊写真や黒い噂も

一年を通して多くの観光客が訪れ、記念にその地で写真を撮るからこそ『心霊写真』もたくさん存在しているらしく、またそのボディや骨組みとなっている金属部品などの多くは戦争で使用された兵器を再利用されたモノという噂も囁かれています。

アクセス(交通機関)

東京都の港区の芝公園に隣接しており、『赤羽橋駅』や『神谷町駅』、『浜松町駅』などの多くの各路線からだいたい10分程歩いていたければ到着します。数多くの公共バスや市営バスを利用してもアクセスできるので非常に便利であり、他県から足を運ぶ人たちからしても分かり易いでしょう。

東京心霊スポット第35位「姿見の井戸」(練馬区)

Momentmal / Pixabay

第35位にランクインしたのは東京都練馬区に存在する、300年以上前の江戸時代から民衆の信仰を深めた歴史ある長命寺、敷地内には仏教を代表する王である不動明王像や四天王像などが建てられています。またバックグラウンドを知らなければ変哲もないただの水を汲む『井戸』も備わっています。

実はその井戸は古くから、神秘的だったりスピリチュアルな力があると伝えられ、井戸の底の水面に自分の顔がはっきりと表れてその目で確認する事ができたのなら、長寿の効果をもたらすという伝説があるのです。一見怖いというイメージはないのですが、実はあるエピソードから恐ろしい井戸しても知られるようになりました。

自分の顔ではなく・・・

伝説によれば水面には覗き込んだ自分の顔が写り込むのが、科学的にも現実的にも当たり前の事象として考えられますが、ある人物が覗き込むとそこには幼い女児の顔が映り込んだそうです。それがいったい何を意味するのか、色々と想像できそうですが、この一件から霊的な場所として認知され始めたそうです。

アクセス(交通機関)

埼玉県と東京都を繋ぐ西部池袋線の『練馬高野台駅』より5分程歩いていただければ、その寺に到着します。気を付けなくてはいけないのが、敷地内に参拝できるのは日中の時間帯のみなので夜の入場はできません。予め把握しておいてください。

東京心霊スポット第34位「戸山公園」(新宿区)

NEXT 東京心霊スポット第34位「戸山公園」(新宿区)