ウソダドンドコドーン!仮面ライダーファンなら常識のオンドゥル語?意味は?

「したらば掲示板」発祥と言われている

geralt / Pixabay

数あるネット掲示板の中でも最初にその滑舌に注目したのが、「Livedoor したらば掲示板」であるといわれています。

この掲示板は当時の2ちゃんねる(現5ちゃんねる)に次ぐ大規模な匿名掲示板であり、ここでのやりとりがきっかけとなり2ちゃんねるにも広がり、当時のネット界隈に普及しました。

ネットで使われる言葉には様々なものがあるので、気になる方はこちらをご覧ください。

作品ファンの反感があるも椿隆之本人が公認!オンドゥル星の王子も自称

オンドゥル語自体は純粋な作品のファンから反感を買うこともありました。

この仮面ライダー剣は普通のファンも多い作品なので、それゆえ茶化されるのを嫌がるファンも存在しました。

しかしライダー役を演じた役者さんたちはこの事実を容認しており、主人公役の椿さんはチャットでオンドゥル星の王子を自称することもありました。

公式もネット版作品のサブタイトルでネタにする

rawpixel / Pixabay

さらにライダー作品のネット版番組の「ネット版 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 〜ガチで探せ! 君だけのライダー48〜」という作品も話題を呼びました。

これには、「ピーマン! オンドゥルラギッタンディスか?」という作品があり、これにより正式に認められたと喜ぶファンもいました。

余談ではありますが、実はこのタイトルにはカタカナのルが一個足りません。

当時の音質の悪さから生まれたという説も

hschmider / Pixabay

いくら聞き取りにくいといってもここまで変には聞こえないのでは?と思う方もいます。

実は仮面ライダー剣が放送された当時は動画の技術も今ほど高いものではなく、gifやFLASHが主流でした。そのため放送内容よりもさらに音質が悪く聞き取りづらいものでもあったのです。

放送された音声よりもさらに聞き取りにくいものが世に出回ってしまい、それがきっかけで一種のブームとなりました。

ウソダドンドコドーン以外の主なオンドゥル語

geralt / Pixabay

オンドゥル語には上記以外にも多数の台詞が存在します。

これからその中でも特に人気で知名度の高いものを紹介していきます。これさえ極めればいろんなところで語録が使えるのでぜひご覧ください。

ダディャーナザァーン!!

一見だと本当に何をあらわしているかわかりませんが、これは「橘さん」を翻訳したものです。

「橘さん」とは主人公剣崎先輩ライダーである橘咲也のことで、剣崎が彼を見かけたときにこの台詞が飛び出しました。

これがきっかけとなり、最初の文字をとって「橘さん=ダディ」という妙なルールができてしまいました。

ナズェミデルンディス!

jarmoluk / Pixabay

これは「なぜ見てるんです」が翻訳化されたもので、これもまた最序盤のシーンでかけられた台詞です。

このシーンもファンの中では人気が高く、敵との戦いに苦戦している剣崎を仮面ライダーギャレンの姿でじっと見つめているというシュールな光景は初見の視聴者を驚かせました。

これは上記の「橘さん(ダディャーナザァーン)」から「なぜ見てるんです(ナズェミデルンディス!)」という流れがあります。

オデノカラダハボドボドダ!

johnhain / Pixabay

これは作中の変身システムの不備から自分の体が限界に近いことに気付いた橘さんが「俺の体はボロボロだ」、といったものが視聴者にはこのように聞こえました。

これを受けた剣崎が地面に膝をつき「ウソダドンドコドーン」と叫びます。

NEXT オレァクサムヲムッコロス!