隔離病棟の廃墟・心霊スポットをご紹介!映画「キュア」のネタバレも

廃隔離病棟を建て壊してできたラブホテル

Myriams-Fotos / Pixabay

戦後は血なかで区の隔離病棟でしたが取り壊され「ホテル・アイランド」と言うラブホテルになったのです。ところがその後取り壊され、ラブホテルのオーナーは逃げてしまったとされています。

螺旋階段が有名になり、隠れた場所にあるとされたその場所では心霊の目撃談が多数あったのです。現在は取り壊され姿がないともされています。

稲川淳二の話で「ホテル・アイランド」が有名に

隔離病棟の跡地に建てられたラブホテルの場所が有名になった一つに、稲川淳二さんの「恐怖の現場シリーズ」で話題になった場所です。実際に放送された時にも心霊映像があったともされ、有名になりました。「ホテル・アイランド」は宮崎県だけでなく、放送されたことで全国で有名になった心霊スポットと言えるでしょう。

写真がうまく撮れない、殺人事件もあった、老婆の姿を見たなど噂が多くあったのです。隔離病棟の跡地に建てられたとされる「ホテル・アイランド」の倒産後も噂が絶えないのには、新たにホテルが建てられたと言う噂があり、奇怪な出来事が後を絶たなかったため再び姿を消したともされています。

ホテル・アイランドでの怖い体験談

TheDigitalArtist / Pixabay

「ホテル・アイランド」にも、恐怖の体験談があります。数人で心霊スポットに行ったものの、怖さで車の中にいた女性はずっともう1人の近くに姿が見えていたそうです。

その姿は下半身だけで、怖くて話せなかった話をし出した時、見えていた友人の携帯電話にありえない羅列の番号からの着信があったとされています。その恐怖からそれからはその場に足を踏み入れていなかったそです。鳴った友人も、見えていた女性も恐怖を覚えたことでしょう。

隔離病棟は映画にも!『キュア 〜禁断の隔離病棟〜』

Amazonで見る

隔離病棟の話は映画にも登場しています。洋画『キュア〜禁断の隔離病棟〜』として恐ろしい話になっているのです。

そこでここから、映画のあらすじとネタバレを紹介いたしますので、内容は自分の目で確かめたいから知りたくない、と言う方はネタバレ注意なので読み進めず、この部分は飛ばしてください。

隔離病棟が舞台の映画!

隔離病棟の言葉がぴったりの映画『キュア〜禁断の隔離病棟〜』のあらすじと、ネタバレになります。もう一度になりますが、ネタバレ注意です。金融界で誰にも敬意を払わない、野心家の主人公ロックハートは、スイスの療養所から帰ってこない社長を迎えに行くようになります。

ところが道中その療養所には以前館があり、実験と称して村人を殺害していたため、村人に焼かれた場所であると言う話を耳にするのです。いざ療養所に着くも、面会をさせてもらえずホテルに戻る主人公でしたが事故にあい、運ばれたところは気がつくと療養所でした。いつの間にか隔離されているロックハートは、ハンナと言う女性に出会います。

そこで行われていたのは、エキスを取り出して老化しない実験。うなぎを使って不老になるとされ、取り出された人間はうなぎの餌になるのです。そこに隔離されてしまったロックハートもまた実験されるのですが、知り合った女性ハンナに生理がきたことをきっかけに子孫を残すために療養所の館長は動きます。

しかも骨折していたとされていた足は、骨折していません。助けようと館長に火を放ち、ハンナとともに逃げようとする主人公ロックハート。実は火を放った館長こそが、100年も生きていた父だったことも分かるのです。

映画の評判は?

TheDigitalArtist / Pixabay

どこかサイコの要素が入った『キュア〜禁断の隔離病棟〜』ですが、内容は色濃く、いつの間にか療養所の中の人たちが館長の言うなりになっていることや、隔離されているので逃げられない様子は怖さがあります。

そこへ出会いがあったり、真実が判明したりなどいくつかの出来事が重なった上に実験の怖さなど映画の評判は良いのではないでしょうか。ご覧になっていない方は是非観ても損はないかもしれません。

廃隔離病棟を模した富士急ハイランドの「戦慄迷宮」も人気

「富士急ハイランド」にある「絶句・戦慄迷宮〜収容病棟篇〜」ですが、最恐とされているアトラクションの一つとして人気です。ホラーハウスとはいえ、元は企画で行われていたそうですが、今では恐怖の館となっています。怖いアトラクションの中でも、主体になっているのは何でしょうか。更に心霊体験談まであるのでした。

NEXT 戦慄迷宮の舞台は廃隔離病棟