「んきなやや」とは?検索するとウイルス感染するという噂の真相とは

被害の大きかったコンピュータウィルス①MyDoon

Comfreak / Pixabay

こちらのMyDoonは今回ご紹介させていただくウィルスの中で最も被害額が大きく、約380億ドル、日本円にすると約4兆円の被害総額を出しています。最もこのウィルスの感染率が高かった2004年には、すべての電子メールで最大25%のメールが感染していたとされています。

全世界の電子メールの4分の1を観戦するほどの脅威を放っていたこちらのMyDoonは、他にもMicrosoft社やGoogle社をターゲットに攻撃していました。被害額の大きさも頷ける内容ですね。

被害の大きかったコンピュータウィルス②Sasser & Netsky

typographyimages / Pixabay

次に被害の大きかったとされているコンピューターウィルスはSasser & Netskyです。こちらのウィルスによる被害総額は約310億ドルと日本円で3.5兆円にも昇りました。このウィルスが猛威を放っていたのは2004年頃と先に紹介したMyDoonと同時期なのです。

このウィルスについて驚くべき内容はほかにもあり、なんと作成者は当時17歳だったドイツ人の学生さんだという点も非常に驚く方が多いのではないでしょうか?若気の至りというには少々やり過ぎな気もしますね。

被害の大きかったコンピュータウィルス③ILOVEYOU

pixel2013 / Pixabay

こちらのILOVEYOUは名前ばかりがロマンチックなコンピュータウィルスで、2000年頃世界中に莫大な被害をもたらしました。被害額は約150億ドル日本円で約1.8兆円と、先に紹介した2件に比べるとおとなしそうに聞こえますが全くそんなことはありません。

このウィルスは2000年当時は史上最悪のコンピュータウィルスとして世間に知られており、「I love you」というタイトルの電子メールで直接送られてきます。間違えてクリックする事でシステムのファイルや個人のファイルを上書きしてしまうといった、名前からは想像もつかないような被害をもたらしました。

「んきなやや」と検索する際には注意しよう!

Simon / Pixabay

この記事では検索してはいけない言葉として名を馳せている「んきなやや」についてご紹介いたしました。記事の途中でのご説明させていただいた通り、ページに接続する際は使用咲いている端末のスペックや使用の状態などと十分相談の上で行う必要があります。

特にスマートフォンでの検索をされる際は、端末の再起動やアプリの終了、履歴の削除、キャッシュの削除などをしっかりと行ってから検索をするようにしてください。何かトラブルが起きても申し訳ありませんが、自己責任で宜しくお願い致します。

もぺもぺに関する記事はこちら

posoに関する記事はこちら