バッキー事件とは?栗山龍や被害者たちの現在!卑劣な撮影内容や手口とは

バッキー事件の犯人⑤男優・パンティー仮面(中村件臣)

Tumisu / Pixabay

事件当時32歳だったパンティー仮面こと中村件臣も、前科を持っていました。2004年1月に、アルバイトとしてAVに出演した男性を、暴行したうえで拉致監禁したのです。逮捕・起訴された彼は、懲役2年執行猶予4年の刑に処せられていました。それが元で一度はバッキーから解雇されましたが、2年後には引き戻されたそうです。

一方で、監督のハリケーン三郎こと濱田太平洋の弟子とも言われており、AV監督や制作会社の代表という顔も持っています。バッキー事件においては、『水地獄』の撮影に参加。出演女優に対して水責めなどの暴力行為を加え、傷害を負わせた実行犯として、逮捕されました。前の事件の執行猶予期間中のことです。

バッキー事件の犯人⑥男優・ジャニーズ光太郎(矢野光太郎)

SJJP / Pixabay

パンティー仮面こと中村件臣の誘いを受けてバッキーに入社した当時29歳のAV男優です。元ホストであり、イケメン男優として知られていました。2006年6月にバッキーに入社し、『子宮破壊』シリーズや『水地獄』を含める数々の作品に出演しています。バッキー関係者の中では珍しく自分の責任を認め、反省する態度を示したそうです。

しかし、彼の異常性もまた、映像を見れば明らかです。女優を急性アルコール中毒にさせた撮影では、ロートを用いて積極的に飲酒を強制し、「飲まないと殺す」と脅しています。さらには「ごめんなさい」と繰り返す女性に殴るけるの暴行を加え、床にこぼれた焼酎を吸わせる姿も、ビデオには残されていました。

バッキー事件の犯人⑦男優・サモハンチンポー(神谷聡一)

jarmoluk / Pixabay

サモハンチンポーこと神谷聡一は、当時37歳の男優です。肥満体型で、腹部に手術痕があり、壊疽により指を一本欠損しているのが特徴。一部の作品では、撮影役も務めていたとのことです。関西出身の元チンピラで、作品内では強姦や暴力に加わるほか、女優に罵声を浴びせたり脅したりする役にも回っていました。

強制飲酒の撮影においては、ジャニーズ光太郎と代わる代わる女優に暴行を加えている姿が、ビデオに映されています。逮捕されてしばらくはしおらしくしていたそうですが、その後は終始ふてぶてしい態度を崩さず、裁判における心象も非常に悪いものだったとのことです。

バッキー事件の犯人⑧女優・きえねぇ(中原紀恵)

Engin_Akyurt / Pixabay

きえねぇは事件当時33歳だったAV女優です。本名は中原紀恵で、以前はバッキーの広報を担当していました。真偽のほどは定かではありませんが、夫が黒人であると自称していたそうです。

バッキーの作品には被害者の女性を虐待する役に回っていた女優が2人出演しており、「お仕置きシスターズ」と呼ばれていましたが、彼女はそのうちの一人で「黒デブ」とも呼ばれていました。公判中、撮影に参加した動機について、「お金がなかったため」と語っています。

バッキー事件の犯人⑨女優・ようこ(大村恵美)

Pexels / Pixabay

ようここと大村恵美は、「お仕置きシスターズ」として出演したもう一人の女優で「白デブ」とも呼ばれていました。逮捕時の年齢は23歳です。AV女優になる前は風俗嬢をしており、それ以前には恐喝などの容疑で少年院に入っていた過去があります。

さも楽し気に女性をいじめる様子が、ビデオに残されていましたが、裁判に際しては「自分は途中までしか参加していない」と釈明したり、被害者に示談金を提示したりと、減刑に必死だったようです。

バッキー事件の犯人⑩バッキーが募った素人男優たち

geralt / Pixabay

バッキービジュアルプランニングは同社の製品を購入した男性の中から、AVの撮影に参加してみたいという希望者を募って「監禁友の会」という名のグループを作っています。その人数は、100名近く集まった作品もあり、この会への参加を契機に、監督やスタッフになったという人物もいました。彼らも、撮影上で行われた集団レイプの加害者です。

isabellaquintana / Pixabay

貴男も、一人の女性が、人格と、子宮をつぶされていく光景を目撃しませんか? 否、その鬼畜な行為に参加しませんか?(出典:「監禁友の会」とは何か? – バキノート)

これは「監禁友の会」のメンバー募集時に用いられた文言ですが、恐ろしいことに、実際の撮影現場では、この言葉通りの所業が行われていたのです。被害者女性たちは、「監禁友の会」へ参加した人間に対する処罰も求めています。しかし残念ながら、彼らが刑事罰の対象になることはありませんでした。

バッキー事件はなぜ起きた?卑劣な手口とは

Counselling / Pixabay

バッキービジュアルプランニングによる一連の違法撮影によって、数多くの女性が被害を受けています。その中には、普段アダルトビデオには出演しないモデルや一般の女性も含まれていました。彼女たちはなぜ、どのようにして、この滅茶苦茶な撮影に参加させられたのでしょうか。そこには制作スタッフによる非道卑劣な手口があったのです。

NEXT バッキー事件の手口①被害者はスカウト・勧誘された