デスマ次郎とはクソアニメ?スマホ太郎との関係?面白いとの声も!

デスマ次郎の肯定的な感想「女の子が可愛い」など

Akane-K / Pixabay

女の子キャラクターがかわいいほか主人公と家族なような絆が書いてあり、ただかわいいスタイルのいい女の子に囲まれているだけじゃないのがいい、と評価している人や派手ではないけど細部のつくりがしっかりしている、主人公の性格がしっかりしている、現代社会にもある話しがあって考えさせられるなどの好意的な意見も数多くあります。

デスマ次郎の否定的な感想「演出が意味不明」「面白くない」など

JordyMeow / Pixabay

否定的な意見のなかには何度も出ている通り、主人公の声を異世界に入ったら変わる演出がいらないことや前半の話しがダラダラしていて見る気がなくなるなど、細かい意見もありましたが多かったのはシンプルにおもしろくないという意見が1番です。

デスマ次郎は実は“食リポアニメ”ではないかという声も

palacioerick / Pixabay

デスマ次郎では4話から主人公が食事を食べるシーンがたくさん出てきます。

4話では主人公がカエルを食べますがその表現が上手に描かれているとあり、また食べているときもしっかり食リポしながら食べています。5話でも主人公が食べているシーンが出てきますが、そのときも細かく表現されていているところがアニメを観ている人達から好評で、まるで食リポアニメではないかと言われています。

デスマ次郎の最終回(12話)は微妙だった?

hschmider / Pixabay

デスマ次郎の最終回は、森で出会った人たちにお願いされて森を守ることになり、無事敵を倒して森を守ることができます。これで終わりかと思ったらそのあとの仲間とのシーンがありますが、そこで主人公の男の子と仲間の女の子がちょっとエロくもとれる表現になっていて、最後みんなで朝ごはんを食べるとこで終了するのですが、モヤモヤするとの声がなかにはありました。

それはまだ謎のままの部分が残っていたり新たに登場人物が出たりと、観ている人にはすっきりしてほしいとこが残った展開になりましたが、違う見方では2期目期待できるこれはこれでおもしろかったとの意見もみられています。

「デスマ次郎」の原作者は誰?関連書籍の売り上げは?

Free-Photos / Pixabay

アニメの評価はあまりいいものが少ないですが、原作はとても人気のある作品です。原作の人気があったからこそアニメの放送になったわけなので、アニメの評価もここまで話題になると原作に興味持った人もいるかと思うので原作の売り上げや作者について書いていきます。

デスマ次郎の原作者は愛七ひろはさん!サラリーマンから専業作家に

lukasbieri / Pixabay

名前は愛七ひろはさん。名前だけだと女性ぽい名前にも聞こえますが男性の作家さんです、このデスマが初めての作品になりますが初めての作品でこれだけ話題性があがるのがすごいことです。

始めは「小説家になろう」というサイトで書いていたのを今の編集さんが見つけたそうです。しかしその時はサラリーマンとしても働いていたので平日サラリーマンをしながら土日や平日の帰ってから書いていたそうですが、小説の仕事が忙しくなったのと、サラリーマンの仕事も忙しかったことから今ではサラリーマンは退職して専業作家として働いています。

デスマ次郎の原作小説・コミック・関連書籍は250万部を超える!

Tumisu / Pixabay

これだけ話題になっているデスマの気になる売り上げを書いていきます。デスマは原作、コミックなどの関連書籍を入れたシリーズの合計販売部数は250万部を超えていて、さらにサイトの閲覧数は8億越えとすごい数の人が閲覧しています。

ここから考えられる売り上げは3億2500万くらいになるといわれています、売り上げや販売部数を見てもわかる通りすごい人気なのがわかります。こんなに人気の作品だとわかるとより内容が気になります。

「デスマ次郎」では名言が続々登場?ある意味で頭に残る名言?

Free-Photos / Pixabay

デスマ次郎では内容だけでなく数々の迷言ともいえる聞くと頭から離れない特徴あるセリフも、原作を読んだ人やアニメを観た人の心つかんでいます。そんなデスマ次郎の名言をいくつか選んで紹介していきます。

NEXT デスマ次郎の名言①「まさにお酒の回復魔法だ」