【よど号ハイジャック事件】概要と背景、亡命の赤軍9名のその後などを解説

よど号ハイジャック事件とは1970年に起きた共産主義者同盟赤軍派学生9人が北朝鮮に亡命を果たした事件であり、日本初のハイジャック事件でもあります。よど号ハイジャック事件の経緯と背景、人質解放に関わった人物、ハイジャック実行犯の亡命後の足どりも詳しく紹介します。

この記事をかいた人

好きなものはインテリア、すてきな雑貨、そして植物です。

よど号ハイジャック事件とはどんな事件だったのか

「よど号ハイジャック事件」とはどのような事件だったのでしょうか?ここではそのあらましと、事件の詳しい経過を紹介します。

よど号ハイジャック事件は赤軍派による日本初のハイジャック事件

出典:PhotoAC

よど号ハイジャック事件は、1970年(昭和45年)3月31日から4月5日にかけて起こりました。

3月31日に東京から福岡に向かって飛んでいた日本航空351便(よど号)が、赤軍派の若者達9名に乗っ取られ、韓国経由で北朝鮮へ向かったのです。

武力突入の可能性もありました。しかし結局は日本・韓国・北朝鮮が連携し、若者達は北朝鮮が亡命者として引き受けて解決します。人質の命を危険な目にさらすこともありませんでした。

よど号ハイジャック事件のあらまし

ThePixelman / Pixabay

そもそもよど号ハイジャック事件は、どのように始まって進行し、どのような結果になったのでしょうか?誰が加害者で誰が被害者なのでしょうか?

ここではその経過を追いかけながら、ひとつひとつのポイントを確認していきます。

よど号ハイジャック事件は1970年、日本航空351便で発生

skeeze / Pixabay

1970年(昭和45年)3月31日午前7時33分羽田発板付空港(現在の福岡空港)行きの日本航空351便(よど号)が、富士山の上を飛行中に、武器を持った若者達に占拠されました。

若者達は男性客を窓側に移してロープで縛りました。それから操舵室に押し入って機関士を拘束、パイロット2名に北朝鮮へ向かうように命令しました。

よど号ハイジャック事件犯と板付空港で一部人質解放後北朝鮮へ

出典:PhotoAC

この命令に対してパイロットは「この便は国内線なので十分な燃料を積んでいない」と嘘の説明をして、午前8時59分に板付空港に着陸します。

警察はよど号をそこに釘付けにするため、故障を装った自衛隊機を滑走路に止めるなど、いくつかの偽装工作をしました。しかしこの偽装が若者達を逆に怒らせて、早く離陸を!と脅すようになりました。

幸いなことに機長の落ちついた説得が実り、若者達は乗客の一部を自由にすることに同意します。こうして午後1時35分に子供・病人・女性・高齢者等23名が自由になりました。

よど号ハイジャック事件犯は韓国で膠着状態が続く

出典:PhotoAC

よど号は板付を飛び立って、午後3時16分に平壌らしい場所に着陸しました。しかしそこは韓国の金浦国際空港でした。韓国側も、そこが平壌に見えるように周囲にいろいろな偽装工作をしました。

しかし今回もその偽装は若者達に見破られてしまい、韓国側との交渉も進まなくなりました。

そのときパイロットが機内の様子を書いた紙コップを投げ落とします。この情報をもとに、韓国側はテロ専門部隊がよど号を攻撃することを検討し始めます。しかし安全第一を主張する日本側の説得で、攻撃を中止します。

よど号ハイジャック事件犯は山村運輸政務次官引き換えに乗客を解放

出典:PhotoAC

日本政府は、北朝鮮政府によど号が安全に北朝鮮に向かうことができるよう要請しました。北朝鮮側は、乗客と乗務員と機体を安全に送り返すことを約束しました。

橋本運輸大臣もソウルに行きました。4月3日になると、山村運輸政務次官が人質の身代わりになることで、日本政府と若者達は合意しました。

そして残った乗客とキャビンアテンダントが自由になり、よど号は山村氏とパイロット達3名と犯人の若者9名を乗せて、北朝鮮へ出発することになりました。

よど号ハイジャック事件犯は北朝鮮に向かう

NEXT よど号ハイジャック事件犯は北朝鮮に向かう