マハ―ポーシャとは?オウム真理教直営の激安パソコンショップの現在とは

マハーポーシャとは、オウム真理教が資金源として運営していたPCショップのことです。サポートは心もとないが、PCは高性能で激安価格だと、PCマニアの間ではかなりの高評価でした。今回はマハーポーシャの詳細や当時の反響、そして現在の様子についてもご紹介します。

この記事をかいた人

三度の飯よりオカルトが好き!ねこむらです。

マハーポーシャとは?オウム真理教直営のPC店!

FSM-Team / Pixabay

マハーポーシャとは80年代から90年代にかけて宗教団体として活動していたオウム真理教が設立した格安のPCショップです。

オウム真理教は活動の資金調達の一環として様々な事業を展開していましたが、その中でもマハーポーシャは95年に起きた同時多発テロ「地下鉄サリン事件」以降、広く世の中に知られる事となりました。

「マハーポーシャ」とは秋葉原の人気PCショップだった!

judithscharnowski / Pixabay

マハーポーシャが販売していたカスタマイズ性の高いパソコンは90年代の初めごろ日本に普及し始めたものの、一般の家電量販店で購入すれば30万はくだらない高価な物でした。

しかし、マハーポーシャでは半額以下の低価格で販売しており、秋葉原の電気街に足しげく通うマニアの間で好評でした。

マハーポーシャはオウムビルの他にも全国に支店があった

sharonang / Pixabay

東京の南青山に建つオウムビルに事務所をおき、後に秋葉原・大阪・京都・名古屋・札幌市内などの都市部を中心に、徐々に店舗数を増やすまでに成長しました。

更には海外にも店舗を出店し、中国やオーストラリアにも同名で設立されました。

マハーポーシャはPCマニアの間では超有名店だった

mohamed_hassan / Pixabay

当時パソコンや電気街の情報に精通しているマニアの間では、激安でパソコンやパーツを販売する優良店との認識がありました。

また、各店舗の店員は女性のみで、すっぴんで接客をしていた事、店内に奇妙なBGMが流れていた事なども当時を知るマニアの間では語り草となっています。

マハーポーシャは独特な呼び込みでインパクト大!

PCが激安である事以外にも当時話題となっていたのが、マハーポーシャの店員たちによる独特な呼び込みコールです。

当時電気街の路上で行っていた呼び込みは、信者と見られるが店員が「パソコン激安マハーポーシャ!」と叫ぶと、その声に続き他の信者たちが「激安!激安!」と繰り返すという異様な光景でした。

マハーポーシャのサポート掲示板から同窓会も発生

kirstyfields / Pixabay

マハーポーシャ製品を使うユーザーの一部からは、購入後のサポートがいまいちとの声が上がる事もありました。

その為、ユーザーのためのサポートサイトが立ち上がったのですが悪質なアラシ行為により掲示板は過疎化します。また、サイト利用者が集うコミュニティも発生しました。

マハーポーシャではオリジナルゲームも販売していた!

独特の世界観が印象的なPCゲーム、「マハーポーシャのRPG数学勝利者」。

ゲームを通して数学を学ぼうという一見何の変哲もない物ですが、登場人物が古代エジプトの神官、中国王朝の初代皇帝、弥勒菩薩などオウム真理教を思わせる特徴がありました。

実際にマハーポーシャを使っていた人たちはいたの?

都市伝説と思われてしまいそうなエピソードの数々があるマハーポーシャですが、実際に利用していたユーザーの声は今でも見聞きする事が出来ます。

秋葉原やパソコンに詳しい人であれば、利用していて当然といった風潮がありました。

マハーポーシャ利用者の声①めちゃくちゃ安かった

NEXT マハーポーシャ利用者の声①めちゃくちゃ安かった