進撃の巨人のリヴァイ兵長は115話で死亡確定?死亡フラグや生存説!

リヴァイ復活説②爆発直前にブレードでガードする描写があった!

Free-Photos / Pixabay

続いて、爆発に巻き込まれそうになっている直前の彼の行動も生存がつぶやかれる理由となっています。命を懸けた爆発に巻き込まれそうになるというのは、さすがの彼であっても想定外ではありました。

そのために距離を取って回避するということはできませんでしたが、巻き込まれてしまう前に自らが装備していた、ブレードで体を守ろうとした描写があるのです。これが成功していれば、生存の可能性はあります。

リヴァイ復活説③ハンジが抱えて逃げたのは生きていたから?

geralt / Pixabay

更にもう1つが、爆発の直後に彼の容体を確認しに一番に駆け寄った人物の行動です。周りには自分たちをすぐにでも殺すことができる銃を持った兵士たちがいました。その時、彼はなにも反応を返しませんでした。

ですが、亡骸の中から生還した敵が姿を現したのに周りの兵士が注目している間に、隙をついて彼と一緒に川の中へと飛び込み、そのまま逃げていったのです。こここそが復活する理由とされています。

わざわざ一緒に飛び込んだから生きている

Larisa-K / Pixabay

普通そこから自分の命を守るために逃げようとするのであれば、自分一人だけで川に飛び込めば済む話です。そこに自分の都合で死んでいるといった人物まで一緒にするというのは、足手まとい以外の何にもなりません。

なのにわざわざ連れていったというのは、反応が無かったというだけでまだ生きてはおり、確実に殺されないようにその場で嘘をついていたからです。治療すれば、まだ復活できるということなのでしょう。

リヴァイ復活説④アッカーマン一族ならダメージからも回復される?

3dman_eu / Pixabay

彼の苗字は「アッカーマン」というものでした。この苗字を持っているのは彼以外には主人公の幼馴染である、100人の兵士相当の実力を持つ女性と彼が地下にいたころに育てていた後にご紹介する人物の2人だけです。

この性を持つ者は、体が強固になっており、それ故にリミッターを開放し超人的な力を行使できるのです。彼も同じ苗字を持っていますから、もしかしたら相当のダメージからでも復活できるのでは、というものです。

リヴァイ復活説⑤人気キャラが無言での退場は不自然なので生きている?

webandi / Pixabay

それに加えて、何度もご紹介していますとおり彼は人類の中でも最高の実力を持っているキャラです。物語が始まった初期の段階から登場していますし、苦戦することこそあれど巨人に敗北したことは一度もありません。

こういった分かりやすい強いキャラクターであるために、登場人物の中でも非常に人気を集めています。そんな彼がこの局面で死ぬというには、あまりにもあっさりしすぎている感が否めません。

進撃の巨人のリヴァイは死亡フラグが立っていた?

ThePixelman / Pixabay

あるストーリーの中で、これから何か特定のことが起きることを確定させるような行動などのことをフラグを立てる、といいます。様々な種類があるのですが、実は彼には既に死ぬというフラグが立っていたのだとか。

進撃の巨人のリヴァイの死亡フラグ?①育ての親のケニーとの会話

Tumisu / Pixabay

これについてはいろんなところで立っているといわれているのですが、その1つ目が彼を育てた育ての親とも言えるケニーとの会話をしたシーンになります。前述のとおり、彼らは同じ性を持っています。

色々とあって敵同士だったのですが、兵団との戦闘によってもはや死ぬのが避けられないくらいの重傷を負ってしまいます。そこでの会話の内容の濃さなどから、ここで1つ立ったのではないかと言われているのです。

進撃の巨人のリヴァイの死亡フラグ?②ありがとうと感謝する姿

avi_acl / Pixabay

そんなケニーの死に続いて、長らく壁の中で偽りの王制を敷いていた者たちが失墜し、新たに本当の王の血を引いており主人公たちとの動機であるキャラクターが女王へと就任することになります。

就任の前に、兵士長は彼女へ脅迫じみたような物言いで女王になるよう迫っていました。そして本当にそうなった今、彼女は前に立っている彼に向かって一発パンチを浴びせるのです。

ほとんど見られなかった笑顔

上官だった彼にそんなことをすれば当然ながらとてつもない仕打ちが待っていますが、女王なら話は別でした。そんな彼女に向かって、今までほとんど見ることのできなかった笑顔で感謝の言葉を口にしたのです。

NEXT 進撃の巨人のリヴァイの死亡フラグ?③おとなしい姿