許永中とは?フィクサーと呼ばれた男の生い立ちや現在!【イトマン事件】

許永中(ホ・ヨンジュン)は、戦後最大の巨額資金事件「イトマン事件」で名を轟かせました。アウトローな生き様に、許永中はフィクサーとも呼ばれています。今回は許永中のこれまでの経歴や、イトマン事件の概要、許永中の現在の様子について解説していきます。

この記事をかいた人

好奇心に突き動かされてただひたすら忙しい日々を送っています。

許永中(ホ・ヨンジュン)とは何者?イトマン事件の逮捕者?

cegoh / Pixabay

許永中はフィクサーとして、裏社会で暗躍した人物です。彼がどのように人心を掌握したのか、どうして、社会の第一線で活躍した人物が許永中に取り込まれて行ったのか、見て行きたいと思います。

許永中とは?これまでの経歴や生い立ち

annca / Pixabay

このごろは久しく許永中の名前を聞いていませんが許永中は実在の人物ですから興味は惹かれます。彼の健在ぶりは20017年に今あるテレビ番組に出演することでアピールしました。裏社会でも彼の今後の動向には密かに注目しています。

謎は解明出来ないかも知れませんが、覗き見だけでもしてゆきたいと思います。許永中という謎と人物を追って見れば闇の社会が見えてくるかも知れません。

大阪の韓国人地区生まれ

stark8 / Pixabay

許永中は大阪の大淀区中津で生まれました。中津は在日韓国人地区です。許永中は子供時代は大変貧しい生活をしていたと言っています。父親は漢方の先生、母親は家でどぶろくを売って生計立てる生活でした。

許永中は大阪府立淀川高校入学。許永中は上級生との喧嘩の度胸を買われ、周囲から一目置かれる存在になります。許永中はたとえ年上の相手でも怯むことなく向かっていったといいます。

大阪府立大学入試に失敗、許永中ははじめての挫折を味わいます。彼は大阪工業大学に入学しました。柔道部に所属するも3年で、中退します。許永中は韓国人コミュニティーの中で大学までこのエリアので過ごしたといいます。

トレードマークはスキンヘッド

gibbsyns3 / Pixabay

許永中と言えば丸刈りがトレードマークで人当たりの良さそうな笑顔に鋭い眼光を放つ瞳を持っていました。許永中は身長が180センチもあり大柄でひと目見ただけでもマフィアのボスのような風格でした。

許永中は闇世界の紳士と言われていました。あらゆる人脈に食い込んでいて、敵味方であろうとも双方に顔が効く、彼独自の人心掌握術はそれなりに評価されています。立場は裏社会の情報屋です。

許永中は韓国人コミュニティーの中で大学までこのエリアので過ごしたといいます。コミュニケーションのころに、やくざや同和会の仕事もしながら、人間関係を作っていったのです。

大阪工業大学を中退

許永中は大阪府立東淀川高校に通っていましたがその後は工業に進学します。しかし大学生になるとパチンコや麻雀などのギャンブルにハマり3年で中退します。喧嘩とギャンブルの毎日でした。

許永中は店に入り浸っているうちに、店からみかじめ料を貰いガードマンとして、雇われていたとも言われています。身長も180㎝体格よく、目立ちました。

働きながら経営を学んできた

stevepb / Pixabay

大学を中退した後は許永中の動向は掴みきれていないようです。許永中はボクシングの興行成功で、一目置かれるようになりました。不動の広告代理店で勤務します。

秘書兼運転手として勤め、働きながら経営学の勉強をしました。このころ許永中は藤田と言う日本女性と結婚しています。彼の偽名藤田はこの頃の姓です。

巨万の富を動かすと言う経済界の闇、許永中は普段はナチュラルな笑顔と柔らかい話し方で、若い頃から、酒と料理の接待にたけていました。

stevepb / Pixabay

許永中は一度掴んだ大物のパイプを大事にします。裏千家との繋がり、竹下登や福田赳夫、亀井静香と、政治家との繋がりを調べれば、次々と名前がでます。

許永中はときには暗殺されるのでは、と詮索されていますが、辛くも生き延びて行きます。許永中はより太いパイプを作り上げて、よく面倒をみます。

相手が許永中の闇の部分に気がついた時には断れないような弱みを握られ、またのっぴきならない程世話になっています。許永中は「人たらし」との異名を持ちます。

政治家や暴力団とも交友を深めフィクサーと呼ばれる

NEXT 政治家や暴力団とも交友を深めフィクサーと呼ばれる