大分一家6人殺傷事件とは?犯人の動機や現在、被害者一家のその後に迫る

人気Youtuberのワタナベマホトが大分一家6人殺傷事件の真相を語る!?

動画の途中(2:31辺り)から大分一家6人殺傷事件の話をしています。この動画は、初めにゴキブリが出てくるので、ゴキブリが苦手な方は2:31辺りから視聴することをお勧めします。

マホトの従兄が犯人と同級生だった

出典:YouTube

子どもの頃に従兄の話を軽く聞いただけだったため、「従兄のクラスメイトがクラスメイトを殺した事件」だと記憶違いをしていました。

マホトは従兄に電話をして詳細の確認をしました。実際は「マホトの従兄が事件の犯人と同級生」という話であり、詳細については大分一家6人殺傷事件のWikipediaの情報がメールで届いただけでした。

大分一家6人殺傷事件に匹敵する大分県で起きた有名な事件

出典:PhotoAC

大分県には、大分一家6人殺傷事件以外にも有名な事件があります。特に有名な3つの事件をご紹介します。

姫島リンチ殺人事件

出典:YouTube

1962年(昭和37年)、大分県の離島姫島にある姫島村で殺人事件が起きました。被害者は当時27歳と23歳の兄弟でした。兄弟は村の青年団員39名に集団で暴行され死亡しました。

被害者の兄弟は暴行などの犯罪行為を日常的に行っていました。事件当時、兄弟の逆恨みで青年団は脅迫され、青年団員は集団で避難していました。事件の前日、兄弟の殴り込みで9名の青年団員が負傷しました。

当日中に、7名が警察署に出頭しました。殺害ではなく懲罰が目的だったことや、兄弟にも責任の一端があることから、起訴された15名のうち、首謀者は実刑(懲役2年)になり、他の青年団員は軽い刑罰になりました。

みどり荘事件(大分女子短大生殺人事件)

出典:PhotoAC

1981年(昭和56年)、大分県大分市にあるアパート「みどり荘」で強姦・殺人事件が起きました。被害者は当時18歳の女子短大生でした。女子短大生は1歳違いの姉と一緒に暮らしていました。

事件当日、姉妹でサークルの打ち上げに出席し、妹は先に帰りました。2次会を終えた姉も家に帰り、殺された妹を発見します。妹は、下着をつけていない裸に近い状態で強姦され、絞殺されていました。

事件の半年後、隣室の男(当時25歳)が逮捕されました。男は、最初は自白しますが、裁判の途中で無実を主張します。事件から8年後、科学警察研究所の鑑定や自白などから、男は有罪(無期懲役)になりました。

qimono / Pixabay

当時の捜査への批判や鑑定結果への矛盾が指摘され、事件から13年後、男は保釈されました。殺人事件では異例だった保釈の1年後、男は無罪になりました。事件から15年後、犯人不明のまま時効が成立しました。

別府秘湯看護師女性強盗殺人事件

出典:PhotoAC

2010年(平成22年)、大分県別府市の秘湯の傍で強盗殺人事件が起きました。被害者は一人旅で別府に来ていた、当時28歳の女性看護師でした。女性は、軽自動車で九州内の秘湯を巡る旅をしていました。

事件の1年後、別の罪で公判中だった男(当時34歳)が逮捕されました。男が容疑を認めたため、強盗殺人罪や強制わいせつ致死罪で起訴されました。事件の2年後、男は求刑通りの有罪(無期懲役)となりました。

男は、強盗目的で女性に声をかけました。女性が男を無視したため、秘湯の駐車場で首を絞め、鉄製の工具で頭を殴打し殺害しました。殺害後は女性の遺体を雑木林に捨て、財布や貴重品を奪って逃げました。

大分県で起きた未成年が犯人の殺人事件

出典:PhotoAC

大分県では大分一家6人殺傷事件以外にも、未成年による殺人事件が起きています。その中には、犯人が外国人だった事件も発生しています。

大分県は「立命館アジア太平洋大学」が2000年に開校してから外国人の留学生が増えました。ほとんどの留学生や元留学生は、真面目に学業や就労に励んでいます。一部の留学生や元留学生が殺人事件を起こしました。

大分夫婦殺傷事件

出典:PhotoAC

2002年(平成14年)大分県速見郡山香町(現在は杵築市)で殺傷事件が起きました。被害者は留学生の身元保証人をしていた老夫婦でした。中国人や韓国人の犯人達は、19~26歳の留学生や元留学生でした。

犯人のうち2名は老夫婦が身元保証人になった留学生でした。老夫婦は、子や孫のように大切に留学生の面倒をみていましたが、老夫婦の経済状況や自宅を知っている留学生に刺され、夫は死亡し、妻は重傷を負いました。

犯人達は強盗目的で家に侵入し、老夫婦に抵抗され混乱してしまい、誰が刺したかわからないと供述しています。5名の犯人のうち3名は日本で起訴され、それぞれ、懲役14年、懲役15年、無期懲役となりました。

出典:PhotoAC

主犯格の2名は中国に逃亡し、中国で拘束されました。日中間では犯人の引き渡しができず中国で代理処罰され、1名は懲役15年、1名は猶予付き死刑(2年間模範囚であれば無期などに減刑される)判決となりました。

NEXT 大分敷戸殺人事件