下関通り魔殺人事件とは?上部康明の生い立ちやその後、犯行動機も紹介

下関通り魔殺人事件とは、1999年に起きた無差別殺傷事件。自暴自棄になっていた犯人・上部康明が車で駅へと突っ込み、刃物で次々と人を斬りつけたおぞましい事件です。今回は下関通り魔殺人事件の当日や上部康明の生い立ち、その後や犯行動機など紹介します。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

「下関通り魔殺人事件」とはどんな事件?

下関通り魔殺人事件と聞くと過去に起きた凄惨な内容を思い出す人は多いかもしれませんが、近年の凶悪事件を聴くとこの出来事を思い出す人も少なくないでしょう。

今回の記事では一体どのような事件だったのか、これまで聞いたことがない人も含めて詳細な内容について調べていきましょう。下関通り魔殺人事件が発生したのは1999年9月29日のこと。

Vitabello / Pixabay

山口県下関市における下関駅で突如として起こりました。犯行を起こしたものの名は上部康明、福岡市在中の男性でした。

彼は人間関係のもつれや災難から何か社会に影響を与えて死んでやりたいと考えるようになり犯行及んだそうです。また、犯行は下関通り魔殺人事件が起こる3週間前に行われた池袋通り魔殺人事件を意識したものといわれてもいます。

stevepb / Pixabay

さらに、今回の下関通り魔殺人事件によって被害に会った人は複数に及び、駅構内で何の罪もない人が下関通り魔殺人事件とは、1999年に起きた無差別殺傷事件。自暴自棄になっていた犯人犠牲になった大変痛ましい内容でした。

しかし、そういった被害にも関わらず、裁判では賠償金が支払われる際に、被害にあった方の殺害方法によって支払われる額が異なるといった問題も追及され、当時大変大きな波紋を呼びました。

山口県下関市で起きた通り魔事件の「下関通り魔殺人事件」

今回の通り魔殺人事件が起きたのは1999年、下関市の下関駅というところで発生しました。位置としては、山口県で本州の最西端に位置する都市になります。

現在も含め漁港で賑わっており、昔には西の玄関ともいわれるほどの大変貿易で盛栄を飾る都市になります。そして、事件発生は、下関市内の下関駅というところで発生します。

stux / Pixabay

JRが通るこの下関駅では、事件発生時時刻午後4時ごろで、人々が帰宅を始める時間帯であり、通行量もある程度あった井寒台だといわれています。

そのような人の往来の激しい時間帯と場所でこの凄惨な殺人が発生したのです。下関通り魔殺人事件では、全く犯人とかかわりのない、駅行く人が亡くなるという凄惨な内容だったのです。

下関通り魔殺人事件で5人が死亡・10人に重軽傷を負うことに

4657743 / Pixabay

下関通り魔殺人事件の発生時刻は、先ほども言ったように午後4時という人々の往来が激しい時間だったこともあり、数多くの被害者が生まれることとなってしまいました。

被害者の人数は合わせて15人で、内死亡は5人、重軽傷は10人といわれています。サラリーマンや学生などが行き来する中を、何と犯人は車で乗り入れて次々に道行く人を跳ねたというのです。

Mysticsartdesign / Pixabay

その時点で通行人の犠牲は7人にも及んでいたそうです。そして、その後改札口付近で停車後は、包丁を手に取って次々に切り付けていきます。ホームに行く最中で1人、ホームで7人を切り付ける騒ぎとなりました。

もちろん、犯人はその場で現行犯逮捕となりますが、見境なく道行く人を襲った凄惨な事件として、当時多くの人の記憶にの起こる形となりました。

下関通り魔殺人事件について時系列順に紹介

stevepb / Pixabay

下関通り魔殺人事件は、その時刻故に人通りの多い時間帯で多くの犠牲を出したことで有名ですが、その犯行内容など時系列順で詳細に見ていきましょう。

犯行はまず車で不自然な車が駅に突入するところから始まります。駅のホーム内に進入してきた時点で、すでに帰宅途中の学生やサラリーマン、主婦など多数の人があふれていました。

その道行く人の中を一台の乗用車が暴走して突入してきたのです。駅構内の窓ガラスを割り、その車は突入後60メートルにも及ぶ距離を猛スピードで走り抜けると改札口付近で停車。

その後車を降りた彼は包丁を手に往来の人を傷つけていきます。そしてその後、現場を見ていた人によって通報され、現行犯逮捕という形で下関通り魔殺人事件は幕を閉じます。

車に乗った上部康明は猛スピードで駅の窓ガラスを突き破る

Free-Photos / Pixabay

順番に下関通り魔殺人事件の詳細なポイントを確認していきましょう。まず犯行冒頭で行われたのは車によるものでした。上部康明は乗用車に乗り駅内に突撃してきたのです。

突如として窓ガラスが割られ現場は騒然としていたといわれています。その後乗用車は暴走し、猛スピードを駅構内を走り抜けます。その間、駅を行く人を7人ほど敷き巻き込んでいったといわれています。

Noel_Bauza / Pixabay

そして、駅に進入後60メートルほど走行した時点で停車。そこは改札口付近だったといわれています。車での侵入幅が足りないと見た彼は、そこで車を降りさらに悪行を行います。

車を降りた上部康明!文化包丁を振り回し8人を切りつける

NEXT 車を降りた上部康明!文化包丁を振り回し8人を切りつける