フリッツ・ハールマンとは?カニバリストで殺人鬼!怪物の首の現在は?

フリッツ・ハールマンは大戦中のドイツで浮浪者や家出中の少年を強姦・殺害し人肉を喰らった殺人鬼であり、犠牲者の肉を豚肉として自身の肉屋で売っていました。この記事では、フリッツ・ハールマンの生い立ちや事件の詳細、裁判での様子と怪物の首の現在について紹介します。

この記事をかいた人

初めまして。皆様の関心と興味を引き付ける記事をたくさん書いていきます!

フリッツ・ハールマンとは?少年を殺しその肉を売った殺人鬼

Pexels / Pixabay

現在から100年ほど前に起きた『第一次世界大戦』世界を巻き込んだこの大きな戦争は、主にヨーロッパ大陸が舞台となり当時は革新的な兵器がたくさん用いられて、多くの犠牲者を生むことなってしまいました。また戦争に負けた国は戦後も長期にわたり、経済面でも国民の精神面もダメージを負うことになります。敗戦国である『ドイツ』はやはり戦後まさしく閑古鳥が鳴くような状態となってしまいました。

ドイツではそんな時代背景のなか貧しさから飢える子供たちの心を逆手に取り言葉巧みにおびき寄せて、何人も命を奪った『殺人鬼』がいます。命を奪っただけではなく、遺体の肉、つまりは人肉を喰らい更には市民たちにそれを売っていたのです。簡単にあらすじのように、今回の記事のテーマをお話しせていただきましたが、この後より詳しく詳細を解説していきます。(※バイオレンスでグロテスクな表現が出てきますご注意ください)

フリッツ・ハールマンの生い立ちは?

Profile / Pixabay

冒頭部分でお話しさせていただいた身の毛がよだつ非人道的行為に走った戦後ドイツの『殺人鬼』についてさっそくどんな人物であったのか解説していきます。彼の名がドイツ国内、そして世界中に知られることになったのは、大人になってだいぶ後のことであり、彼の悍ましい所業が発覚した後です。当然大人になってからの彼についても目を引くことでしょう。

しかし彼がどうして人間の姿をした『モンスター』になってしまったのか?どこでヒトの心が死んでしまいモラルがなくなってしまったのか?それを皆さんにまずは考察していただくためにも『生い立ち』を語っていきます。決して生まれながらにして問題があったわけではなく、徐々に家族や周りの環境に影響を受けながら、人格が歪んでいったということをきっと理解できるはずです。

ハールマンの生い立ち①厳格な父と愛情深い母の間に生まれた

waldryano / Pixabay

彼は現在から140年ほど前の1879年(日本では明治12年)の10月にドイツ帝国で、6番目の兄弟として生まれてきました。父親はある意味で厳しい人物でしたが、一方の母親は反対に母性溢れる、愛情深い人物であり6番目の兄弟として生まれてきた彼の事を、こよなく愛する優しい母親だったそうです。家族構成は両親と兄弟姉妹たちを含めた8人であり『大家族』でした。

それだけの家族たちを男手一人で生計を立てるのは厳しいということは言わずもがなですが、更にこの当時のドイツは第一次世界大戦に敗戦国となり、非常に経済的にも心理的にも貧しい状況であったのですから、父親の負担は想像を絶するものがあったと考えれます。ですが母親の家系はもともと資本家であったので、その財産でやっと生活しているような物でした。

ハールマンの生い立ち②父親は飲んだくれで折り合いが悪かった

msjun0 / Pixabay

先ほど父親はある意味では厳格。と解説しましたが真面目で教育熱心というわけではなく、毎日酒に溺れて家族たちに直ぐに手をあげる、典型的なダメな父親だったのです。勿論彼に対しても体罰でもなんでもない虐待をしていたことが容易に想像できます。そんな父親であるためか家族の誰とも仲が良くなく折り合いが悪かったのです。

この家庭状況、すなわち決して良い父親とは言えじダメ人間であり、家族たちに手を出していた事実が彼の性格や人格を歪ませた原因と考えられますが、問題があった家族は父親だけではなく、その父親のもとで育った兄弟姉妹たちもまたどこか人間的に欠落した存在になってしまったのです。

後述しますがその中でもある兄弟が『特に』彼に対して悪影響を及ぼす行為をしたのです。

ハールマンの生い立ち③母親は息子に甘く人形で遊ばせていた

1195798 / Pixabay

彼を生んだ時母親が何歳であったか残念ながら分かりませんが、その時すでに健康ではなかったのか、あるいは何か重い病気を患ってしまったのか。彼を生んでからはずっとベットで横になって暮らしていたようです。そんな状況では彼に対してきちんと面倒が見れず、教育が出来ないのではないかと考えるのは普通です。

ですが母親は母性溢れる人物であり、彼に対してベットで『寝たきり』になりながらも精一杯の愛を注いでいたのです。もちろん母親の目の行き届かないところも出てきたはずですが、彼女は母親としてできる限りの教育をしていました。

男子であるハールマンに対して

良く言えば優しい母親ですが、悪く言えば『甘やかしすぎ』であると捉える事もでき、男子である彼にはよくお人形で遊ばせていました。実はもともと生まれからすぐ幼少期の頃から彼は病気を患っており健康とはとてもいえない児童だったのです。

彼の健康状態を考慮して部屋の中で静かに遊ばせたわけですが、当然普通のやんちゃで好奇心旺盛な男子の遊びとはかけ離れています。実は母親のそうした教育や接し方なども彼の人格を形成した大きな要因となります。

ハールマンの生い立ち④きょうだいとの関係は良くはなかった

sathyatripodi / Pixabay

彼には6人目に生まれてきた兄妹なので、上には5人の兄姉がいたのです。一番年齢が近く5人目の兄妹にあたる妹とは良好な関係であり仲が良かったのですが、他4人の兄姉とは非常に仲が悪く関係はよくありませんでした。それもそのはず姉たちに関してはみんな非行に走り、自身の身体を商売道具にする『売春婦』になってしまったのです。

また2番目の兄に関しては実の妹に対して暴力などを振るうなどして『虐待』の容疑で逮捕されて、長いこと牢屋で生活していたそうです。その兄からなのか他の兄からなのか分かってはいませんが、弟である彼はそんな兄から猥らに『性的暴行』を受けていたのです。この事実も彼を人間的に歪ませた大きな要因なのではないでしょうか。

ハールマンの生い立ち⑤陸軍の士官学校に入るが退学に

41330 / Pixabay

小学生という人生で初めてのが学業では、他の生徒よりも成績が悪く在学中に数回留年しています。とはいえ俗に言う『自頭』は良かったのか、幼気ながらに彼は周囲の人間を口達者な話で楽しませて、可愛がられていました。学校が長続きせず大人と同じようにお金を稼ぐために、外に働きに行きましたがそれもすぐに辞めてしまいました。

そんな感じで段々と月日が流れて日本では高校生に当たるくらいの年齢になると、国のために軍人として活躍するための学校に入学しました。入学した当初はこれまでの学生生活とは裏腹に見習い兵士としては十分な成績を収めて、優等生と称されるほどでしたが、厳しい訓練の中で持病の症状なのか、しばしば突発的な発作に見舞われてしまい、教官から適正が無いと判断されたのか『退学』になってしまいます。

この退学がターニングポイントかも?

先ほど解説したようにこれまでの短い少年時代のなかでも、何度か成績不振で留学していたり勤めていた職を辞めていたので、この退学も一見私からは些細なエピソードのように感じますが、彼にとっては狂気な人生のターニングポイントになったといても過言ではないかもしれません。

士官学校に入学して、もしかしたら生まれて初めて本気で熱心になり男子らしく努力したのが訓練であり、それが周りからも認められて順調だったさなかに、彼も望まぬかたちで『退学』に追いやられてしまったのです。その時から『どうせ自分は・・・』という心理状態に陥ってしまい、更に自分は健常者ではなく病気を患った『障害者』であると強く認識したのです。

ハールマンの生い立ち⑥職を転々としつつ女性と結婚するも離婚

NEXT ハールマンの生い立ち⑥職を転々としつつ女性と結婚するも離婚