Rude-αはイケメンラッパー!本名や経歴・ニガリとのラップバトルも

Rude-αとは、沖縄県出身のイケメンラッパーとして名を馳せました。高校生ラップ選手権で才能が開花し、その後も活躍の幅を広げています。この記事では、Rude-αのプロフィールやラップの経歴、現在の活動やファッションセンスについてもご紹介します。

この記事をかいた人

音楽やゲームなど様々なことが大好きです。 よろしくお願いします。

Rude-αとは?沖縄出身のイケメンラッパー

Rude-αは沖縄出身のラッパー。イケメンなことやabemaTVなどのメディアに多数露出していることから人気が高いです。では彼はどのような人なのか見ていきましょう。

Rude-αのプロフィール

PublicCo / Pixabay

最初にざっくりとした説明をしましたが、ここからはプロフィールを紹介していきます。彼はどのような人間なのか見ていきましょう。

Rude-αの本名は島袋洋平・沖縄県出身

Rude-α(ルードアルファ)は平成9年2月8日に沖縄で生まれました。本名は島袋洋平。

高校生ラップ選手権にて準優勝という成績を収めています。年齢は現在20代前半でこれからの活躍が期待されるラッパーです。

彼が育った沖縄について興味がある方はこちら

Rude-αの性格、Rude-αは真面目

Locies / Pixabay

Rude-αはTwitterの呟き等から真面目な性格であるとファンに言われています。特に愛という言葉を信じていると本人が言っていることからとても純粋な方なんですね。

彼は甲本ヒロト(THE BLUE HEARTS/ザ・クロマニオンズ)の愛の考え方に影響を受けました。純粋な心の持ち主だからこそ人の考えをきちんと受け入れることが出来たんですね。

ソフトバンクの島袋選手と兄弟?

彼はプロ野球の島袋洋奨選手と兄弟ではないかと噂が立っています。発端は島袋選手もRude-αと同じ沖縄県出身であり、名前が類似しているため話題になりました。

ですが実際に血縁関係はありません。沖縄では島袋という苗字は多いため、名前も偶然です。1文字違いの名前の為兄弟と思いますが実際には違うんですね。

Rude-αは15歳でダンスを始める

pixel2013 / Pixabay

Rude-αは15歳の時にダンスを始めました。沖縄に住んでいるとストリートの文化に触れるが多いので、ダンスを始めたのはごく自然のことなんです。

彼がダンスで学んだリズム感や音の捉え方が今のラップに繋がっているんですね。

Rude-αはKDTの影響でラップを始める

rafabendo / Pixabay

高校2年生の時に高校生ラップ選手権で活躍していた沖縄出身のKDTに公園でフリーバトルを挑まれたこと時からラップを始めました。

突然挑まれても負けん気で勝負するなんてとても男気溢れていますよね。これがラップに触れるきっかけになりました。

Rude-αには彼女の存在も見え隠れする

NEXT Rude-αには彼女の存在も見え隠れする