白髪を抜くデメリットは?抜くと増えるは誤解?抜かない改善方法も!

白髪を抜くのは頭皮を傷つけるのでおすすめしません。白髪を抜くと増えるのは誤解ですが、たくさんのデメリットがあります。白髪を抜くよりは切る方がおすすめですし、白髪をファッションとして楽しむ人たちもいます。この記事では、白髪を抜いてはいけない理由や、見つけた場合の正しい対処方法についてまとめました。

この記事をかいた人

アウトドアやオカルト・心霊が大好きです。わかりやすく、ちょっとためになる情報も織り交ぜながら紹介できるような記事を作っていきたいです。

白髪を抜くとどうなる?多くのデメリットがある!

ThuyHaBich / Pixabay

白髪を見つけるとなんだか無性に抜きたくなる衝動に駆られる人もいるかと思いますが、当然経験ある人は痛みを知っていることでしょう。そして、白髪が増えるなんて噂もあります。

しかし、結論から言うと白髪が抜くことでさらに増加の一途をたどるというのは名神であり誤解なのです。とはいえ、全くデメリットがないかというとそうでもありません。

RyanMcGuire / Pixabay

きちんとメリット・デメリットを理解して対処しないと余計な悩みやかゆい苦痛に悩まされたり、切る処理も覚えておく必要がります。そこで今回は、白髪を抜くときにまつわる多くのデメリットピックアップします。

白髪を抜くデメリットは?リスクばかりでメリットはない

Engin_Akyurt / Pixabay

そもそも誤解の多い白髪を抜く行為ですが、どんなデメリットにまみれているのでしょうか。スッキリするからと抜き落としていますが、実はデメリットだらけでメリットがないなんて知らなかった驚愕の事実と共に調べていきましょう。

白髪を抜くデメリット①抜いても減ることは無い

geudki / Pixabay

白髪に悩む老年の方は多いですが、最近では若年層の方も気苦労が絶えないのか白髪を抜くことを考えるほど頭を抱えている人は多いようです。

手軽にできるできる対処法が見つけたらすぐ抜く。誰しも鏡の向こうで苦痛の表情を浮かべたことがあるでしょう。しかし、抜く行為と白髪の関係を言うと、実はどれだけ抜く時間を増やしても、減ることはありません。

coyot / Pixabay

ちなみに増えることもないそうです。そこには相関関係はなく、毛穴とそこにある細胞の兼ね合いで生じるものなので、抜く努力とは全く縁がないのです。

白髪を抜くデメリット②抜くことは痛みを伴う

VSRao / Pixabay

抜くという作業は先述も言ったようにやはりどうにも手が伸びがちの対処法ですが、全くメリットはありません。むしろ誰もが知っているあの激痛はデメリットでしかありません。

夢に出てきそうなほどの痛みが頭皮を駆け巡りますが、その後はかゆいですし抜くよりも切るほうが良かったと後悔すら覚えることもあるでしょう。

geralt / Pixabay

痛みの原因は、抜いたときの衝撃で頭皮にダメージを追わせるためです。傷になることもあるそうで意外と恐ろしい一面を持っています。何本も抜いてはげることにも直結する可能性もあるほど深刻です。

白髪を抜くデメリット③頭皮が炎症を起こす

StockSnap / Pixabay

頭皮の炎症を引き起こすリスクもあります。これは抜く白髪があったもともとの毛穴が開いたままになり、そこに細菌が繁殖してしまうからです。侵入し細菌が順調に増えていくと炎症に繋がります。

もちろん、この炎症はさらなる痛みや、頭皮を傷つけ最終的にはげるといった事にもつながりかねません。切るほうが良かったと後悔する可能性大です。

白髪を抜くデメリット④ハゲ・クセ毛の原因になる

何度も言うようにはげるリスクにもつながりますし、何とくせ毛の原因にもなる可能性もあるのです。くせ毛は生まれつきだと思い込んでいると白髪を抜く痛みと同様に痛い目にあいます。

はげる関係性は毛根の死滅にあります。白髪を抜くと、そこは空っぽの状態になるだけと感じる方も多いでしょう。

Free-Photos / Pixabay

しかし実態は、そのまま毛根が傷つきお亡くなりになることで二度と毛が生えない可能性も生まれるのです。

さらにその毛根の形状が変形する可能性があります。形状が変化すると、次に生える毛は縮れたり、天然パーマのようになることも。白髪を抜く行為がいかに、後の髪の状態にかかわるか理解できるでしょう。

白髪を抜くデメリット⑤抜くことがクセになる

NEXT 白髪を抜くデメリット⑤抜くことがクセになる