千葉祐太郎死刑囚の生い立ちから現在まで!石巻3人殺傷事件の犯人に迫る

元交際相手の姉は仲介に入り恨みを買ってしまう

Prawny / Pixabay

元交際相手の彼女には姉がいました。姉は妹のことをとても心配し、千葉祐太郎に何度も忠告をし妹を放っておくよう伝えています。千葉が実家に姿を見せたときも、妹に会わせないよう必死に守っていました。

そんな彼女の姉に対して、千葉は「姉が妨害するから彼女に会えないんだ」と姉を逆恨みするようになります。事件前にも姉への恨みを口にしていたようです。

千葉祐太郎と少女の間には娘が生まれていた

regina_zulauf / Pixabay

元交際相手と千葉祐太郎の間には娘がいます。交際時に出来た子どもで、事件当時の娘はまだ生後4ヶ月の赤ん坊でした。千葉は元交際相手のみならず、生まれた娘にも執着していたようです。

死刑判決後に娘の成長を気にかける発言をしている

死刑が確定した後、千葉祐太郎は自分の起こした事件で娘を大変な立場にしてしまったと心配していたといいます。また、娘は自分と母親である元交際相手とどちらに似だろうといった話もしているようで、娘の成長を気にかける発言もしています。

千葉祐太郎との駆け落ち時には互いに依存関係にあった?

rebcenter-moscow / Pixabay

元交際相手の妊娠が分かった後、周囲は出産に反対しました。しかし、生みたい気持ちが強かった二人は周囲の反対を押し切り東京へ駆け落ちします。しかし、お金がない二人がコインランドリーで寝泊まりしているところを警察に補導されてしまいました。

一時のこととはいえ彼女は全てを捨てて千葉祐太郎を選んだのです。そういう点では、当時、千葉と彼女の間には、周りからは理解し難い依存関係があったのかもしれません。また「この相手しかいない」という千葉の思い込みが凶行を引き起こした一因とも考えられます。

千葉祐太郎の元交際相手は警察にDVを相談していた

geralt / Pixabay

元交際相手は身の危険を感じ、DVのことを石巻署に相談していました。その回数は10回以上にのぼります。石巻署も彼女からの相談を受け、千葉に接近を禁じる警告を出しています。しかし、その効果も発揮されず、残忍な犯行が起きてしまったのです。

千葉祐太郎の背景③共犯者との関係

MabelAmber / Pixabay

千葉祐太郎が事件を起こした際、その犯行を手伝った共犯の17歳の少年がいました。その少年は日頃から、言うことを聞かないと酷い目に遭わせるといった脅迫を受けていたようです。実際にどのような関係性であったのかみてみましょう。

千葉祐太郎は共犯者の少年を子分のように脅していた

Tumisu / Pixabay

千葉祐太郎はこの共犯の少年を子分扱いしていたといいます。少年が言うことを聞かなかったり、拒絶したりすると「お前の家族がどうなってもいいのか」「やらなければお前も殺す」等と言い、自分の言うことを無理やり聞かせていたようです。

人生で一番つらい時期だったと語る

後に、この共犯の少年は「千葉に脅されていた時期が人生の一番つらい時期だった」と語っています。逮捕時にもすぐに自供しており、少年が本当は加担したくなかったという気持ちがうかがえます。

千葉祐太郎の共犯者は実行犯役を拒否していた

geralt / Pixabay

千葉祐太郎に脅され続けていた共犯の少年ですが、事件当時、千葉から殺害を実行するよう命じられていたといいます。しかし、そんなことはできないと拒否し、事件当時は、被害者が逃げられないように見張り役をしていたようです。

また、事件後、千葉祐太郎によって凶器に指紋をつけさせられたり、被害者の返り血がついた千葉が着用していた服を着させられたりと、千葉から殺害の罪をなすりつけられそうになっていました。

逮捕時、千葉祐太郎は「(共犯の)少年が刺した。俺はやっていない」と供述したと言います。こういった隠ぺい工作が、後の裁判にて千葉の身勝手さや悪質性がうかがえるとして、千葉の量刑にも関わった点でした。

NEXT 共犯者への判決は懲役3年以上6年以下の不定期刑