【ジェフリー・ダーマー】ミルウォーキーの食人鬼の生い立ちや手口!

作品③映画「My Friend Dahmer」

Amazonで見る

2017年にアメリカで公開されたこの映画は、彼の幼少期から高校を卒業するまでの青年期を描いた映画です。食人鬼となり犯すことになる前までの光景を描いた映画となり彼の家庭環境やど幼少期を描き彼の背景にある闇が描かれた映画となっています。

作品④音楽「Slayerのディヴァイン・インターヴェンション」

Amazonで見る

Slayerというバンドが1994年に発表した楽曲になります。Slayer第6弾のアルバムの9曲目にある【213】という楽曲が彼を題材として作られています。213という数字は、彼が住んでいたアパートの部屋の号室になります。

作品⑤音楽「KESHAのCannibal」

Amazonで見る

2010年にアメリカの歌手ケシャが発表したCannnibalという楽曲になります。カニバルとは【人の肉を食べる人】という言葉で、これはアメリカ史上最悪の食人鬼となってしまったジェフリ・ダーマーを現わしておりフレーズの中にも彼の名前があります。

IQの高い知的な男が連続殺人犯に!?

geralt / Pixabay

4年の間に30人以上の女性を手にかけたと言われているアメリカのシリアルキラーがいます。その人物はテッド・バンディという人物です。

彼は、IQが160あったと言われ高学歴であるほかにルックスもよく、カリスマ的な存在でした。しかし、彼は女性を強姦等し殺害したあとも凌辱するなどした悪質なサイコパスです。

彼は裁判の場において、弁護士をつけずに自分で自分の弁護をしています。刑は有罪となりましたが、その後脱獄をして再度犯罪を行っています。最終的には死刑となり電気椅子にて2分間にも及び電流を流され息を引き取っています。

日本人も食人鬼は存在していた!!

1981年フランスに留学していた当時32歳の男性が食人をする罪を犯しています。その男性は日本から来ていた佐川一政という人物でした。

友人となった25歳のオランダ人の女性を自宅に招待し銃で射殺しています。佐川一政は遺体の一部は生の状態で食べたと言われています。そして遺体を解体した後はバラバラにした遺体を写真に納めています。

他にも遺体の一部をフライパンで調理して食し、残りの遺体の部分はスーツケースに入れ池に捨てようとした場面を周囲に目撃されてしまいます。逃亡を図りますが、2日後に逮捕されることになりました。

Robert-Owen-Wahl / Pixabay

また佐川一政はこの事件を起こす前にも日本で犯罪を犯してたことが明らかになっており、フランスに留学する前近所に住んでいたドイツ国籍の女性を食べる目的で襲っています。

被害者に告訴されることになりますが、父親が動き示談金により告訴は取り下げられることになりましたが、幼少のころから人の肉に興味があり食べてみたいという欲求があったと語っていたそうです。

日本で人食などあまり想像ができないかもしれませんが戦前などにはよく人食をしたという事件が複数件発生しているのは事実であり日本でもけして他人事ではない事件と言えるでしょう。

ジェフリー・ダーマーはアメリカ史上最悪レベルの食人鬼!

ジェフリー・ダーマーは、自分の欲求のために20人近く殺害しその肉を食べたり自分の思いのままに動く人間にしようと試みたアメリカ史上において最悪レベルの殺人犯に名前を連ねる人物になります。

欲望の赴くままに犯行を繰り返した彼ですが、最終的に犯罪は露呈することになりそして彼が手にかけたのは黒人などの有色人種の人たちですが彼はまさに黒人により撲殺という最期を遂げ、これまで自分が殺害してきたことへの因果応報なのかもしれません。

NEXT 子どもの心臓を食べた食人鬼に関する記事はこちら