一人用テントのおすすめ17選&選ぶ時に知っておきたいポイントをご紹介

DOD(ディーオーディー) ライダーズバイクインテント

出典:Amazon

バイクツーリングなのですから、愛車とはいつもそばにいたいですよね。タープが在るのでバイク収納が可能です。設営も簡単に行うことができます。耐水性もあり、前室も広いので雨の日でも快適に過ごせることでしょう。重量が約5.5㎏、幅が約580㎜という少し大きめサイズではあります。

自転車ツーリングにおすすめ一人用テント

DOPPELGANGER バックフリップバイシクルテント

出典:Amazon

このテントの特徴として、インナーシート、フライシート、ポール等の各アイテムにそれぞれ専用のバッグが付いていることです。もちろん一括収納できるバッグもありますが、ポールを自転車のトップチューブに装着できたり、天気の良い日はインナーシートを持って行かないといった自分なりに色々とアレンジすることが可能です。

モンベル X-TREK マイティドーム 1型

出典:楽天市場

こちらも言わずと知れた有名ブランドのモンベルです。重量約1.3㎏と非常に軽く収納もコンパクトにすることが可能です。シングルウォールですが透湿性に優れた生地を使用しているので快適性も失われていません。設営方法も非常に考えられて設計されているので容易に行うことができます。

モンベル(mont‐bell) ムーンライトテント 1型

出典:Amazon

モンベル続きなのですが、軽くてしっかりしているのでおすすめしたくなります。マイティドームと比べると狭く感じるかもしれませんが、コストを抑えたい方にはこちらが良いと思います。シングルウォーですが結露も少なく快適に過ごせると思います。

その他のおすすめ一人用テント

TERRA NOVA(テラノバ) レーサーウルトラ1

出典:Amazon

このテントの特徴は重量!軽いんです。ダブルウォールでえありながら580gという驚異的な軽さです。ギネスにも認定されており、現状として同じ条件であればこのテントより軽いものはないということです。いいお値段しますが、このスペックであれば登山などに良いのではないでしょうか。

テンマクデザイン PANDA [ パンダ ]

出典:Amazon

見た目がザ・テント!といった感じですね。見た目とは裏腹に機能性は満足いくものだと思います。ワンポール型で組み立ても簡単、防水性もしっかりしているとなかなかの評判です。色違いもあるので楽しめそうです。

まとめ

色々な一人用テントを紹介してきましたがいかがだったでしょうか?居住スペースを求めるなら1人用にこだわらず、2~3人用を選ぶのも良いかもしれませんね。テントはアウトドアの必須アイテムです。ご自身の目的に合ったテントを持ってアウトドアを思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか?

ソロキャンプ用テントの選び方とおすすめはこちらの記事でも紹介しています。あわせて参考にしみてくださいね。