ミニチュアホースの飼育方法は?値段や寿命に「そらまめ」の情報も!

国内でミニチュアホースに会えるスポット

tpsdave2 / Pixabay

先程紹介した長野県佐久市のスエトシ牧場以外にも小さいミニチュアホースに会う事ができるスポットがあります。お近くの方や長期の休みを利用してミニチュアホースに会いにいきましょう。

ミニチュアホースと会える「マザー牧場」

千葉県富津市にある有名なマザー牧場では、サラブレッドからミニチュアホースまで色々な馬が待っています。大人(中学生以上)1500円小人(4歳~小学6年生)800円、お得な2年間パスポートが大人(中学生以上)4200円小人(4歳~小学6年生)2200円で同伴犬は600円、本格的な乗馬体験や小さいお子さんでも楽しめる曳き馬も牧場らしい体験となるでしょう。

ミニチュアホースと会える「ワールド牧場」

大阪市内からでも50分で行く事ができる南河内郡のワールド牧場は大人(中学生以上)1500円小人(4歳~小学6年生)800円、年間パスポートが大人(中学生以上)6000円小人(4歳~小学6年生)3200円で、ポニーやヤギ、ウサギなど約140種類以上の動物たちと触れ合う事ができます。夏休み期間中は休まず営業しているのでぜひ家族でお出かけください。

ミニチュアホースと会える「六甲山牧場」

神戸市内からも近い六甲山牧場では「人と動物と自然とのふれあいの場」をテーマに運営しています。ミニチュアホースやポニーが出演するホースショーを開催してきます。大人500円小中学生200円ですがペット同伴はNGです。年間パスポートは大人1000円小中学生400円なのでお得ですね。

 ネット通販の悪徳ブリーダーからは購入しない

geralt / Pixabay

数年前に虐待されていた気の毒な病気のミニチュアホースとロバが多数保護されました。ミニチュアホースブームに乗って過剰に繁殖させたのか、何年にも渡り放置してきた結果です。ミニチュアホースを購入する時は、身元がしっかりした販売先と必ず対面販売で双方納得の上で責任を持って飼育しましょう。

餌代が掛からないから

giselly / Pixabay

「犬の餌代に比べ道端の雑草を食べさせれば安く済みますよ」と触れ込みネット通販で販売する悪どい業者とブリーダーが存在します。購入者がミニチュアホースを飼育する環境が無くてもお構いなしに販売する業者はいくら値段が安くても信用してはいけません。

ちゃんと知識をつけてから飼育する

Free-Photos / Pixabay

知識が無いがために肉牛の中に馬に有毒なホルモンがある事も知らず牛の餌を与える人や、人間のお菓子を与えて腸を詰まらせて死なせてしまうなどが実際に存在します。安易にミニチュアホースをペットにするのだけはやめましょう。ちゃんと知識を見に付けて、もしもの時の獣医さんを必ず見つけておきましょう。

ミニチュアホースペットブログ

StockSnap / Pixabay

実際にミニチュアホースをペットとして一緒に暮らしている方々のブログを紹介します。それなりに環境が整った郊外にお住まいの方々ですが、いつかウチでもきっとミニチュアホースを飼うぞ!と言う方の参考になれば嬉しいです。

NEXT ミニチュアホースのいるカフェ