韻踏合組合は大阪を代表するヒップホップグループ!メンバーや代表曲を紹介

ERONEは「NEWS RAP JAPAN」に出演していた!

今話題のAbemaTVで人気のチャンネル『NEWS RAP JAPAN』。このチャンネルは政治のニュースなどをテーマに賛成派と反対派に分かれてバトル形式でそれについてラップで語っていくというスタイルで進行していく番組です。

そこに、韻踏合組合のERONE(エローン)も参戦しています。

ERONEの押韻・魅せるラップに圧巻!

呂布カルマ、COMA-CHI、ACE、芸人ラップ選手権王者であるとろサーモン久保田などとともにERONEもレギュラーで出演しています。そこで魅せるERONEのラップがやはり凄いです。

テーマにもとずいて考えを主張しながら即興でラップをしていくのですが、自分のしっかりとした意見を述べながらも、完璧な押韻をしていく離れ業はまさに、ERONEといったところで、ほんとに圧巻です。

韻踏合組合のグッズがカッコいいと話題に!

gonghuimin468 / Pixabay

韻踏合組合のグッズがファンからだけでなく、ストリート好きなどさまざまな人から『かっこいい』、『渋い』といったように大人気です。

韻踏合組合オフィシャルグッズを紹介!

韻踏合組合のロゴがなんといってもたまらなくいけてます。ぼうしやタオルといったアイテムもあり見れば見るほど欲しくなる1品ばかりです。韻踏合組合の公式Twitterなどで新商品などの紹介があるのでぜひチェックしてみてください。

セレクトショップ『一二三屋』の経営者 HIDADDY(ヒダディー)

韻踏合組合の一員でありながら、セレクトショップ『一二三屋』の経営者でもある『HIDADDY』(ヒダディー)を紹介します。

HIDADDY(ヒダディー)①その実力もピカいち

TheDigitalArtist / Pixabay

HIDADDY(ヒダディー)は、HIDA(ヒダ)という名前でも活動している、ヒップホップMCです。『韻踏合組合』と『HEAD BANGERZ』に所属しています。HIDAやんという愛称で親しまれています。そんなHIDADDY(ヒダディー)は、2000年代からフリースタイルラップバトルの大会『ULTIMATE MC BATTLE』(UMB)で4年連続で決勝に進出しているほどの実力者です。

KlausHausmann / Pixabay

近年では、フリースタイルダンジョンに出場し、そのスキルを再び発揮し、大物感がますます増しています。

さらには、あの『TAKAa.k.a.WillyWonka』の師匠としても有名です。

HIDADDY(ヒダディー)②ラップだけじゃない

ラップの実力が半端ないHIDADDY(ヒダディー)ですが、実はラップだけじゃないんです。HIDADDY(ヒダディー)はラップ以外にも、ダンスにスケボー、DJなどあらゆるものをこなす器量の持ち主なのです。上記の動画は、セレクトショップ『一二三屋』で行われている指スケ(指スケボー)の大会『HIFUMIYA CUP』のものです。

HIDADDY(ヒダディー)は、さまざまな方面でその実力を発揮しています。

韻踏合組合とMCブーム

stux / Pixabay

フリースタイル、MCバトルといったHIP-HOPブームの背景には、やっぱり韻踏合組合が一役買っています。では、どんなふうに関わりがあるのか。

NEXT 代表曲『一網打尽』はMCバトルの音源