佐藤智広くんの行方は?北海道旭川市行方不明事件の現在とホスト説も紹介

未解決失踪事件②坂出タケノコ掘り女児行方不明事件

2005年に香川県で起きた5歳の幼稚園児がタケノコ堀りのイベントの最中に失踪した事件になります。母親と姉と一緒に参加していた5歳の少女は、集合時間前に「もう1本取ってくる」と言って竹林に1人で向かったのが最後となりました。

14時過ぎても少女は母親たちのところに戻ってこず他のイベント参加者にも協力してもらい周囲を探すも見つからずその後警察に通報し近くの池等も捜索しましたが、未だ発見には至っていません。

この事件では、何故まだ5歳の少女を1人で竹林に行かせたのか?やイベントに参加している人は1人で歩く少女を心配しなかったのか?等の声が寄せられており謎と同時に疑問も残っている事件になります。

未解決失踪事件③泉南郡熊取町小4女児誘拐事件

2003年小学4年生の吉川友梨ちゃんが学校からの帰宅途中に行方が分からなくなった事件になります。兄が17時を過ぎても帰宅しない友梨ちゃんを心配し親に報告、心当たりを探すも見当たらず警察に通報することになりました。

警察は誘拐の可能性もあるとして友梨ちゃんの自宅に張り付き電話を待っていましたが、結局身代金などの要求の電話は来ませんでした。有力な情報も入らなかったため警察は公開捜査に踏み切ることになりました。

友梨ちゃんを最後に目撃したのは友梨ちゃんの自宅から僅か400mほどのところで顔見知りの少年が自転車ですれ違ったのが最後です。事故の可能性も否定できませんでしたが、友梨ちゃんの足取りが消えた付近で事故の痕跡は見当たりませんでした。

O12 / Pixabay

近くのため池など様々な箇所を捜索しましたが、見つからず車で連れ去られた可能性が高いとして警察は不審車両の洗い出しを行っています。

友梨ちゃんの足取りが消えた時間帯に猛スピードで走り去る黒のセダンが目撃されていましたが、その後の目撃がないため捜査は行き詰まり現在も友梨ちゃんの行方は分かっていません。

思春期・反抗期の子どもとの向き合い方とは!?

子どもが中学生頃になると思春期を迎え親との些細なコミュニケーションの取り方から反抗したり時には暴力に発展してしまうことも少なからずあります。

思春期・反抗期を迎えた子どもとの接し方に戸惑いを感じる親も多くいですが、子どもの特徴をつかんだコミュニケーションを取れば反抗期を迎えた子どもとも上手にコミュニケーションをとることは可能です。

ここでは、親が対応するべきこと・態度を4つに分けて紹介します。

子どもの力を信じる

Free-Photos / Pixabay

子どもが自らじ自分の意思で行動したり決定るす社会を目指す為に子どもが自分の力で進もうとする意志を尊重することが大切です。まだ人生経験の短い子どもに親が必要以上に干渉したり過保護になるのは当然ではありますが、必要以上の干渉は親子関係の悪化を招きます。

子どもの意思を頭ごなしに否定するのではなく、あくまでも子どもが自主性と肯定感を持つような言動や行動を心掛けることが大切です。

逃げずに向き合う

bfleeson / Pixabay

思春期で反抗期の子どもに接し方がわからず目を背ける親もいますが、親子の信頼感は大切になってきます。お互いの意見を尊重し子どもが直面している問題に親が向き合うことが信頼関係を築く一歩になります。

子どもにとって社会の架け橋になること

Free-Photos / Pixabay

子どもはいずれ大人になり社会に飛び出すことになります。近年は、右も左もわからないまま社会に放り出されることが多いですが、親が子どもと社会の架け橋になるような言葉をかけたり、教えたりすることが大切です。

笑っていること

simple_tunchi0 / Pixabay

家庭環境というのはとても重要なもので、親がイライラしていたり不安がっていたり笑顔のない環境だと子どもは社会への魅力や関心が薄れてしまいます。

日々笑顔のある生活を送ることで、子どももゆとりをもち社会に関心をしめすようになります。そのため、親は笑顔で温かい家庭を構築することが大切になります。

海外でも失踪事件は起こっている!

qimono / Pixabay

失踪事件というのは、日本に限ったことだけではなく海外でも起きています。ここでは近年発生した海外での失踪事件を紹介していきます。

NEXT ブリアンナ・メートランド失踪事件