加藤朝香の現在は?玄倉川水難事故の生き残りのDQNなブログ内容を紹介!

水難事故を防ぐには?

Pezibear / Pixabay

まずは自然の恐ろしさへの理解が大切です。ひざ下あたりまで水が来た時点で助かる確率は大幅に下がります。それだけ流れが強くまたすぐに増水してしまうのが水辺の特徴。

また、海では強く岸から沖に向かって強く流れる潮も。水泳選手でも泳いで戻ってくるのは難しく、自分を過大評価しないと共に自然を甘く見るのも危険です。

体調管理も大切

rawpixel / Pixabay

バーベキュー等の際は飲酒の可能性も。また熱く脱水気味の状態での飲酒はお酒が回りやすくなります。普段平気だからと言ってお酒を飲んだ後に入水するのは大変危険です、絶対にやめましょう。

合わせて、睡眠不足や疲労時も危険です、体調が万全ではない場合の入水は避けるようにしましょう。

事前の備えも万全に

JillWellington / Pixabay

他にも事前に天気予報や、出かける先の気圧変化等も注意をしましょう。天気予報のみならず、気象状況も把握することも大切です。夏場は突然の豪雨等も。悪天候時は基本的に水場に近づかないのが最良ですが、万が一に備えて避難スポットを調べる等も予防の一つです。

合わせて、子供達にはライフジャケットを必ず装着させ、絶対に目を離さないようにましょう。万が一沖に持っていかれても助けを待てます。大人も沖などに出るボートや海釣りに出る際はライフジャケットの着用を強くおススメします。

水辺の他にも落とし穴が

jsptoa / Pixabay

どこにでも見られる側溝に落とし穴が。夏に多い集中豪雨。大雨の後は大量の雨水が一気に流れ下る側溝。勢いのよい流れに好奇心を掻き立てられた学校帰りの小学生は、側溝に足をつっこんで遊びがちです。

立っていられる分には心配無いですが、不意に尻餅をついたら一巻の終わり。そのままウォータースライダーのごとく流持ってかれ、合流部へ一直線です。合流部は大人の背丈ほどあるので小学生には十分な深さとなり、被害に遭う子供が後を絶ちません。

悪い事例が相次ぎ徐々に蓋等の防止策は行われていますが、整備が行き届いていないところも。不備のある側溝を見かけたら自治体に知らせることで救える命が増えます。

もし水難事故に遭ったら?

TheDigitalArtist / Pixabay

川の場合は、足をとられ転倒して流されるので無理に立つことは控えましょう。合わせて、足は下流に向け浮きながら両手で舵をとるようにしましょう。河川は特に穏やかに見える川ほど深いので、子供も大人も問わず突然の深みにはまり命を落とすケースが少なくありません。

海の場合は、無理に泳ごうとはせずに浮くことに集中して救助を待ちます。合わせて、離岸流は岸から沖に向かって強く流れる潮の流れのこと。浅瀬で発生し、岸から沖に円を描くような流れなので、沖に流れていると感じたら岸と平行に移動して、離岸流を避けるようにしましょう。

もし、溺れた、沖に持ってかれた、濁流に飲み込まれた人を発見したら、できるだけ周囲の人に知らせて119番の消防、118番の海上保安庁に通報。合わせて、無理な救助は控え二次災害を防ぐためにも、自分の命を第一に考えましょう。また、ペットボトル等のプラスチック容器は浮くので投げ入れるのも一つの方法です。

水難事故防止のための国や県の働き

saweang / Pixabay

水難事故は観光客の割合が極めて多いのが特徴。それに伴い県や国も、電車やバス等の公共の施設を中心に水難事故防止の啓発ポスターや、車内放送を積極的に行っています。

合わせて、外国からの観光客の水難事故も近年増えているそう。一昨年の静岡県内のみでも6人の外国人が犠牲に。フィリピン人の男性は日本語が分からず遊泳禁止区域で泳いで命を落とすことになりました。

今後のラグビーワールドカップやオリンピック等に向けて、文字の代わりに絵で伝えることのできる全世界共通のピクトグラムを採用。日本語が分からなくても安全に日本のレジャーを楽しめるよう工夫を凝らしています。

加藤朝香は玄倉川水難事故の生存者!

Free-Photos / Pixabay

加藤朝香の現在は分かってないですが、ブログでは母の死に対して自分を責めていました。当時、加藤朝香自身には何も責任もなくどうすることも出来なかったのは事実です。加藤朝香の父は冷ややかな視線を向けられるのも無理はないとは言え、加藤朝香にはそういった事が起きずに。また前向きにこれからの人生を母の為にも全うしていってほしいですね。

玄倉川水難事故に関する記事はこちら