瓜田純士の現在は?嫁とラブラブでYouTuberに?小指を食いちぎった伝説の真相も

『國殺 ~国が國を殺している~』

國殺 国が國を殺している

Amazonで見る

これまでの瓜田純士が放つ作品とは、全くの別物であり、アングラ界を精通する1人のワル、アウトローの観点から様々な現代社会について、ひたすら物申す内容であり、ある意味、問題作となっています。

電子書籍『熱帯夜』

熱帯夜

Amazonで見る

色々な犯罪を多く働いた組織「黒龍会」のリーダーや、黒龍会と、それに対立する組織などにスポットを当てた作品であり、読者からはすらすら読めるほど、内容の起承転結がはっきりとしていて面白いと絶賛され、瓜田純士の話題作となりました。

瓜田純士はあのスタンプにもなっていた!?

TeroVesalainen / Pixabay

皆さんが日常的に使用する、今や電話とメールの機能の代替になっていて、色々な便利な機能が備わっている「LINE」スマートフォンやiPhoneを所持している人であれば、ほとんどの人がインストールしているSNS及びコミュニティーアプリ。

そのLINEで使用する、アプリ内のショップで購入できる色々なキャラ、アイドルや芸能人がテーマとなるラインスタンプの中に、公式で瓜田純士も存在していたのです。

つまりラインスタンプ化されているのですが、いくつかの点が本人のイメージ、特徴と異なるので指摘していきながら、詳細をご紹介していきます。値段は120円とお手頃価格なので、この機会に購入して使ってみてはいかがでしょう。

「ぱねぇ」がない

stux / Pixabay

ラインスタンプと言えば、挨拶・返事で使えるようなセリフが添えられていることが多いですが、瓜田純士が生みの親で、パイオニアで流行らせた「ぱねぇ」というセリフが何故か使用されていません。

アウトローというより、いかにも若者、やんちゃな人が使いそうなセリフが多いですが、一応、代名詞でもある「カリスマ」という言葉もセリフに含まれています。

小指がある

噛み切って失ったという左手の小指ですが、ラインスタンプにはその小指がしっかり存在しています。全年齢を対象にしているので、この改変した表現は致し方ないと考えられます。

全てサングラスをしている

Free-Photos / Pixabay

本人自身もサングラスをよくしていますが、出回っている実写真の鋭い眼光も非常に印象的で、サングラスはそれほどトレードマークとして認知されていないはずです、ラインスタンプでデフォルメされた姿は、どれもサングラスをつけています。

瓜田純士はあの有名な武将の末裔?

KELLEPICS / Pixabay

瓜田純士は、アウトロー界のカリスマと呼ばれて、多方面で活躍して、色々な時事問題や出来事に対しての意見を求め、しばしばメディアからマイクが向けられますが、日本人であればだれしも知っているあの有名な武将の末裔らしいのです。

その有名な武将とはいったい誰なのでしょうか?

NEXT 織田信長