テンカラ毛鉤情報のまとめ|作り方や巻き方、種類や使い方をご紹介

テンカラ釣りに必要なもの

テンカラ釣りで必要なものは、竿と毛鉤、ラインの三点です。非常に道具が少ないので渓流釣りをしたい初心者の方には始めやすくおすすめです。他にあったら便利なものとしてランディングネットやウェダーがあると非常に快適に渓流釣りを楽しめます。もちろん釣った魚を持ち帰る場合は、クーラーボックスなどを持ち歩かないと新鮮度がキープできなくなってしまうので持っていきましょう。

テンカラ釣りの竿はどうする?

テンカラ釣りの竿選びでは、テンカラ専用の竿がありますのでそこの中から選びます。テンカラ竿の特徴は軽量で操作性重視のシンプルな形が多いです。竿の長さは場所によって変えると扱いやすく、本流域で長い場所は3.6~4.5mほどのものを使用する。渓流域で短い場所は2.7~3.6mほどのものを使用すると扱いやすいです。種類を何個も買えない方などは、3.6mほどの竿でどちらでも扱いやすい竿を選ぶといいですね。

テンカラの仕掛けはどうする?

まずラインは、フロロカーボンかナイロンの単糸を使わており、細いものより強さがある太いラインを使用する方が釣りやすいとされています。太さは3~5号がおすすめです。ハリスは、釣り方によって少し変える方もおり、毛鉤を沈めて釣る方法の場合は、フロロカーボンを使用し、毛鉤を浮かせて釣る方法の場合は、ナイロンを使用するなど、糸の重さを考えて変えたりもします。ハリスの太さは、1~2号で長さは、1~1.5mほどのものを使用します。

テンカラ釣りで釣れる魚

ヤマメ

ヤマメは、サケ目、サケ科、タイヘッヨウサケ属に属する魚です。サクラマスで降海せずに、河川で過ごしている個体のことを表します。生息地は日本各地の川の水域で生息します。ヤマメは、地方で呼ばれ方が異なり、東北地方だと、ヤマベと呼ばれたり、九州地方だとエノハと呼ばれたりしています。大きさは、一般の大きさだと20cmほどの個体が多いですが、大きいサイズですと40cmほどのサイズも見られることがあります。

イワナ

イワナは、サケ目、カケ科、イワナ属に属する魚です。イワナは、地方で呼ばれ方が異なり、九州地方だと、エノハと呼ばれたり、和歌山県では、キリクチと呼ばれたりしています。他にも、イモナやイモウオ、ゴキ、タンブリなどの名称で呼ばれたりもされています。大きさは、地方や場所で異なり、イワハが2年以上成熟すると33cm以上の大きさのものが多いです。大きい個体になると92cmもの大きなサイズも見られたことがあります。

アマゴ

アマゴは、サケ目、サケ科、タイヘイヨウサケ属に属する魚です。大きさは20~30cmほどの大きさです。生息地は、神奈川県の西部以西本州太平洋岸や、九州の瀬戸内海側河川に一部にしか生息していなかったのです、しかしヤマメと生息地が分かれていた魚でしたが、2018年現在は遊漁目的によって放流されて混在するとことも増えています。本来は、琵琶湖や日本海側には生息してなかったはずが、遊漁目的の放流によって日本海側や琵琶湖でも生息しているのが見られています。

ニジマス

ニジマスは、サケ目、サケ科、タイヘイヨウサケ属に属する魚です。大きさは一般的な大きさは40cmほどですが大きいものになると120cmの個体も見らています。ニジマスの大きさは、川で一生を過ごす残留型のニジマスと、一度海に降りて再び戻ってくる降海型のニジマスがおり、大きさも違うが見た目も変わります。残留型のニジマスのほうが小さく、淡い体色に小さい黒い点が全身にあり虹の光沢が特徴です。降海型は、海に適用するために銀化と言う現象が起き全身が銀色に代わり全身に黒い点があり虹の光沢が特徴です。

テンカラ毛鉤の作りに必要な材料

NEXT テンカラ毛鉤を作るための材料