意外と簡単にできる!?バーベキューコンロを自作しよう!

意外に簡単に始めれるアルミ缶バーベキューコンロ

こちらも簡単です。材料は、アルミ缶または一斗缶、一斗缶を切る為の缶切または、スクレッパーなど。後は、金槌、ニッパー、ペンチ、軍手を用いたほうが作業をしやすいと思います。炭は一斗缶に入れるので、焼き網があれば完成です。こちらも100円ショップや自宅にある工具で作れます。10ℓあれば2.3人で利用できます。

バーベキューコンロ自作の材料②

自作U字溝バーベキューコンロ

庭に設置するスペースがある方は、是非試してみて頂きたいのがU字溝です。材料は、U字溝と焼き網、その他、炭を置く為に、底上げが必要です。ブロックやレンガ、小石などの他、S字フックなどで焼き網と炭を置く網を繋ぐのもおすすめです。

U字溝の種類

U字溝には、2,000円前後で購入することができます。選ぶときには、幅は25cm程度で長さは1m程のものを選ぶと5.6人で囲めるので、人数や用途にあわせてホームセンターなどで切ってもらうこともできます。

バーベキューコンロ自作の材料③

自作レンガバーベキューコンロ

材料はレンガと焼き網と軍手です。燃え尽きた炭からでる灰を受けるためのステンレス製の受け皿があると片付けに便利です。レンガコンロは、簡単に作れるだけでなくお洒落なので庭に作って置いておくのおすすめです。庭など常時設置しておく場合はレンガ60個程あればできあがります。

耐火レンガとレンガの違い

普通のレンガは、高熱に耐えれるもので作られていませんので、長時間使用しているとひび割れなどが発生しますが、耐火レンガは1000℃までの温度に耐えれる分、値段もかなり高価になります。用途にあわせて、選ばれることをおすすめします。

バーベキューコンロの作り方①

自作アルミ缶バーベキューコンロの作り方①

アルミ缶や一斗缶を使う場合、用途にあわせて縦型か横型か選んでください。縦で使うと網の面積が小さくなり、炭との距離ができて焦げにくいですが、横向きにするとその逆になります。網をのせる面に穴を開けます。まずは金槌と釘で穴をあけ、 そこをニッパーで穴を切り裂いていきます。底面は炭や薪を入れるために、ニッパーなどであければ完成です。

自作アルミ缶バーベキューコンロの作り方②

一斗缶を利用する場合は切り口が危険です。作業の際は軍手を着用してすすめてください。またギザギザの部分はペンチで折り曲げておくとよいでしょう。炭を入れる底面の穴は、小さすぎると空気が入らなくて火力が弱くなるので注意です。また炭を置くための底上げは、ビスなどあけて網を引っ掛けても良いですし、小石などでも問題ありません。

NEXT 自作アルミ缶、一斗缶バーベキューコンロの注意点