藤間紫の若い頃は?浜木綿子と険悪?市川猿之助との関係に子供や孫情報も

 藤間紫の子供・孫とは

藤間紫の初めての結婚は24歳年上の藤間勘十郎とでしたが、二人の間に生まれた子供について紹介していきます。二人の子供や孫も才能を受け継いだのか、それぞれ俳優や舞踊家として活躍しています。

藤間紫は藤間勘十郎との間に二人の子供がいる

藤間紫は結婚してすぐに一男一女に恵まれました。娘の藤間高子と息子の藤間文彦です。娘は日本舞踊家として研鑽を重ね、1990年に七世藤間勘十郎を襲名し、藤間流宗家の家元となりました。その後2002年に息子に代を譲り藤間勘祖三世を名乗るようになります。

藤間紫の息子藤間文彦は元俳優

息子の藤間文彦は、母親の藤間紫と同じく俳優の道を進み、自ら七光と言いながらも次々に映画や舞台に出演していきます。1971年にはテレビドラマで主役を演じ、高校球児の役に合わせるため野球の特訓をするなど快演しました。

現在は俳優の世界から遠のき、母と再婚した義父の会社の社長に就任しています。

藤間紫の孫・藤間爽子は女優活動をしている

Pexels / Pixabay

藤間文彦の子供の藤間爽子は次期家元になるために日舞に取り組んでいましたが、幼いころからの夢であった女優の道を進むために数々のオーディションを受け、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に出演を果たしています。

家族は女優になることを賛成し、応援しましたが時期家元を期待されていただけに周囲の人間からもっとけいこに励むべきなどといった声も挙がりました。2018年には初めての舞台『半神』に主演で出演するなど両親や祖母の俳優の遺伝子を受け継いでいます。

藤間紫と市川猿之助の間に子供はいない

W不倫の末に再婚をした藤間紫と市川猿之助ですが、二人の間には子供はいませんでした。お互い元の家庭に子供を置いてきているので子供を作る気はなかったのではないでしょうか。

息子の香川照之が25歳の時に、市川猿之助の公演先の楽屋を訪れたとき、きっぱりと息子ではないと言い放ちました。しかし藤間紫が間をとりなしその後香川照之は歌舞伎役者として活動し、市川猿之助の指導を受け続けています。

藤間紫の死因はなに?

裕福な家庭で育ち、日本舞踊の家元と結婚。その後女優として輝かしい経歴を重ね、市川猿之助と再婚を果たした藤間紫ですが、最後の時は穏やかであったと言われています。

藤間紫は85歳で肝不全で死亡した

DarkoStojanovic / Pixabay

死の一カ月前から体調不良を訴えていた藤間紫は、「第52回日本舞踊協会公演」への出演を終えるとすぐに入院することに。肝硬変からくる肝不全によって死亡されました。

死の数日前には意識が混濁していて一時は心臓も止まりかけましたが、市川猿之助が呼びかけると脈が安定するといった場面もありました。しかしとうとう力尽きたのか、市川猿之助が見守る中静かに息を引き取りました。

藤間紫の葬儀は密葬だった

StockSnap / Pixabay

葬儀は身内と関係者の500人が参加し、密葬で行われ喪主は夫の市川猿之助が務めました。脳梗塞でリハビリ中の市川猿之助に代わり藤間紫の息子藤間文彦が挨拶をしている間、市川猿之助はずっと涙を流していました。棺の蓋が閉まる直前まで寄り添っていたことから、どれだけ愛していたのかが分かりますね。

NEXT 市川猿之助には既に新恋人がいる?