冬キャンプで絶対作りたい料理10選|寒いからこそ体にしみわたるアウトドア飯!

寒い冬の朝や夜といえばやっぱりクラムチャウダー

ふうふうしながら食べるクリームスープは寒い冬に食べたくなる一品ですね。冬キャンプの夜や朝、体を温めたい時にはこのトロリとした濃厚なクリームスープがオススメです。ホワイトソース缶を使ったアサリの旨味たっぷりのクラムチャウダーのご紹介です。

材料と作り方

材料:アサリの水煮缶、ホワイトソース缶、固形ブイヨン、ベーコン、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、塩コショウ、水、牛乳、バター。

じゃがいも、ベーコンは1㎝角に切り、玉ねぎ、にんじんは粗みじん切りにする。温めた鍋にバターを入れて溶かしたらアサリ以外の具を入れて炒める。具が透き通るまで炒めたらアサリ(缶汁ごと)を入れ、ホワイトソースを入れ、水を入れて溶き延ばしたら牛乳を入れて煮込み、塩コショウで味を調えます。

残ったクラムチャウダーでスープパスタにしても美味しい

具だくさんのクラムチャウダーが残ったら、パスタを加えてスープパスタにするのもオススメです。朝はスープとして、昼はパスタを加えてスープパスタにすると二度美味しいごちそうになりますよ。粉チーズがあれば粉チーズをかけるとより旨味が増して美味しくいただけます。

冬キャンプで作りたい簡単人気朝ごはん:ホットサンド

澄んだ朝の空気とほかほかのホットサンドは格別

朝の冷え切った体を温めてくれる朝ごはんはとても美味しく感じますよね。火にあたりながら簡単に出来るホットサンドイッチ、出来上がりを朝の空気と一緒にお召し上がれ!

材料と作り方

材料:バター、スライスした食パン、ハム、チーズ、玉子などのお好みの具。

前日に残った肉やカレーなどを挟んでキャンプならではの具材もオススメです。作り方はお好みの具材をパンに挟み、ホットサンドメーカーにのせて、両面こんがりと焼けたら出来上がりです。

ホットサンドメーカーがない時は

ホットサンドメーカーが無くても大丈夫!温めたフライパンにバターを敷いて、具材を挟んだパンをフライパンにのせます。一回り小さなフライパンや鍋のフタ、フライ返しを使って強めにプレスしながら両面こんがりと焼けば出来上がりです。

冬キャンプで子どもと作りたい簡単料理:あったか焼きりんご

簡単にできる温かくおいしいデザート

甘くて温かい焼きリンゴはごちそうでお腹いっぱいになっても食べたいデザートですよね。ホイルに包んで焼くだけの焼きリンゴ、シナモンとリンゴのあま~い香りが幸せなデザートです。

材料と作り方

材料:リンゴ、砂糖、シナモン、バター、アルミホイル。

リンゴの芯をナイフでくり抜きます。砂糖、バター、シナモンを混ぜ合わせ、くり抜いた穴に詰めます。後はアルミホイルに包んで焼けば出来上がりです。

焼きリンゴを焼くタイミングは

じっくりと火を通して焼き上げる焼きリンゴは焼きあがるまでに時間を要します。食事の途中で焼き始め、直接火の中に入れて焼くときは四隅に置き、ときどき向きを変えるなどして焼くとよいでしょう。向きを変える時はリンゴを倒さないように気を付けてくださいね。

冬キャンプで作りたい簡単オシャレ料理:エビとタコのアヒージョ

NEXT おしゃれにワインと楽しみたいアヒージョ