謎の深海生物テヅルモヅルとは?不思議生物の生態をチェック

この記事をかいた人

テヅルモヅルってどんな生き物だろう?

みなさん「テヅルモヅル」ってご存知ですか?名前だけ聞くと、「えっ何か植物のツルのようなもの?」とか、「新種の”鶴”の仲間かな?」とか思ってしまいますよね。今回はそんな謎の生物「テヅルモヅル」について迫ってみたいと思います。いったいどんな生き物なんでしょう。

テヅルモヅルはヒトデの親戚

「テヅルモヅル」は実はヒトデなどに近い生物で、海のどちらかというと深い水域に生息しています。最近で話題になったのは、2018年3月、昭和天皇が採集されて保管されていた国立科学博物館の標本の中から、新種が106年ぶりに発見されたことでニュースとなりました。それでは、「テヅルモヅル」についてもう少し詳しくみていきましょう。

テヅルモヅルの分類

棘皮動物門の生き物

「テヅルモヅル」は棘皮動物門のクモヒトデ綱に属します。って言われても「棘皮動物っていったい?」って感じですよね。「棘皮動物」は「きょくひどうぶつ」と読みます。名前のとおり身体に棘(トゲ)を持つ生き物たちです。棘皮動物門に属する5つの綱は、それぞれウミユリ綱、ヒトデ綱、クモヒトデ綱、ウニ綱、ナマコ綱となります。「テヅルモヅル」ってヒトデやウニ、ナマコに近いんだな~と思うと、「テヅルモヅル」が見た目はサンゴに近くても、れっきとした生物であることがわかります。

クモヒトデ綱?

「ヒトデならまだわかるけど、クモヒトデっていったい何よ?」って思われる方もいらっしゃられるのではないでしょうか。。。クモヒトデ(蜘蛛人手)は名前の通りヒトデと近しい間柄ですが、特徴として、5本の細く長いクモのような腕を持ちます。何か少しずつ「テヅルモヅル」の見た目に近づいてまいりました。

テヅルモヅルの分類は

「テヅルモヅル」は最終的に言うと、「棘皮動物門クモヒトデ綱カワクモヒトデ目テヅルモヅル亜目」です。厳密にいうと「テヅルモヅル亜目」の中に「テヅルモヅル科」があります。他のクモヒトデと同様に腕が5本あるのですが、その腕が幾重にも枝分かれして、見た目サンゴのような触手を形成しています。

テヅルモヅルの種類

「テヅルモヅル」の種類ですが、なんと約90種類もいます。思っていたよりもとても多いですよね!日本の近海から見つかっているのは、オキノテヅルモヅル、セノテヅルモヅルなどの十数種類が知られています。また、106年ぶりに昭和天皇の採集標本から見つかったあの「新種」は、「トゲツルボソテヅルモヅル」と名付けられました。ここでは、その新種の「トゲツルボソテヅルモヅル」など3種類について画像をご覧ください。

トゲツルボソテヅルモヅル

新種の「トゲツルボソテヅルモヅル」です。昭和天皇が御採集あそばされた標本から新種が見つかった、というのが何ともドラマ性があって、神秘的です。

サメハダテヅルモヅル

「サメハダテヅルモヅル」です。静岡県沼津市にある沼津深海水族館でみることができます。(2018年9月現在)

セノテヅルモヅル

NEXT セノテヅルモヅル