キャンプにもおすすめキャリーカート30選|アウトドア以外も旅行など荷物運びで大活躍の1台を見つけよう!

おすすめキャリーカート30選②コンパクトさを重視するならコレ

キャプテンスタッグ CSブラックラベル 収束型4輪キャリー

キャプテンスタッグ CSブラックラベル収束型4輪キャリーは、コンパクトに収納できるキャリーカート。ワンタッチで骨組みをたためる上、カバーも取り外しができるので、どこにでも持っていけます。

本体サイズは約101×49×98cmで、折りたたんだ時のサイズは18×35×76cmと、たっぷり使えるワイドなつくりとコンパクトさが特徴。重量は約10.8kgで耐荷重は約80kgと、どんなシーンでも活躍してくれそうです。

FIELDOOR マルチキャリーカート

FIELDOOR マルチキャリーカートは、タイヤ径を大きくすることで、悪路に対応できるキャリーカート。本体全部を簡単に折りたためるので、どんなフィールドでも活躍できます。本体サイズ は約97×62×73.5~98cm、 折りたたみサイズが約33.5×62×74~98.5。さらに本体重量が約11kgで、耐荷重は120kg。生地のカラーは全8色なので、好きなカラーを選べます。

折りたたみキャリーワゴン ラクサス

出典:Amazon

折りたたみキャリーワゴン ラクサスは、足元のペダルでタイヤロックができるキャリーカート。傾斜のある地面でも安心して使用できます。畳んだ状態でもタイヤを転がせるのもポイントです。本体サイズは110×50×50cmで、折りたたみサイズが約55×25×76cm。本体重量は約11kgで、耐荷重が約120kgと、低価格なのにしっかり使える機能の高さも魅力的です。

テントファクトリーキャリーワゴンTF-MXWTC-DBR

テントファクトリーキャリーワゴン TF-MXWTC-DBRは、奥行を狭くする代わりに高さを持たせたコンパクトなキャリーカート。コンパクトな分小回りが利くので、取り扱いも簡単です。本体サイズは83 × 62×103cmで、収納時のサイズは62×23×89cm。容量大き目のキャリーバックも、しっかりコンパクトに収納できます。本体重量も10kgで耐荷重60㎏と、アウトドアでも満足できる作りです。

siffler キャリーカート

sifflerのキャリーカートは、シンプルな操作性と軽さが特徴のキャリカート。少し組み立てに手がかかりますが、リーズナブルな価格も魅力です。アウトドアだけではなく、スーツケースやトラベルグッズを運びたい方におすすめ。本体サイズは32×31×90cmで、収納した際のサイズが32×10×52cm。1.8㎏と軽量にできているのに耐荷重は20㎏までOKなので、がっつりとしたアウトドアグッズを運ぶには難しいですが、ちょっとしたアイテムなどを運ぶ時に便利です。

Owltech 折りたたみ式 キャリーカート フタ付

Owltech折りたたみ式 キャリーカートは、アウトドアだけでなく、近所の公園やイベント、買い物などにも持っていけるコンパクトさが魅力。カラーも5色のラインナップがあるので、あなた好みの色を選べます。本体サイズは45×37×46cmで、収納時のサイズは45×8×46cmで重さは3kgと、フレームは折りたためることができませんが、ケースの方をコンパクトに収納することができます。さらにケースにはふたもついているので、雨天時も安心です。

FIELDOOR 折りたたみキャリーカート

FIELDOOR 折りたたみキャリーカートは、軽量フレームにマルチに使えるケースがついたキャリーカート。フレームもケースもワンタッチデカンタに折りたためるので、お気場所にも困りません。本体サイズは44×38×40cmで、収納時のサイズは44×9×45cmで重さは10kgと、特にケースがコンパクトにたためるのがポイント。さらにレジャー時にはテーブル代わりとしても使える優秀アイテムです。

おすすめキャリーカート30選③さらにコンパクトさを重視するならコレ

ロゴス クイックキャリー

ロゴスのクイックキャリーは、シンプルさと軽量化にこだわったキャリーカート。台座を引き出し、取っ手を出すという2ステップで準備できるので、使いたい時にすぐ使えます。重さも2.0㎏ととっても軽量です。本体サイズは約34×31×99cmで、折りたたんだ時のサイズが約34×16.5×49cm。フレームなどに軽量のスチールとポリブロペレンを使用しているので、本体重量は約2kgと軽いのに、耐荷重は約36kgあります。

バンドック キャリーカート M BD-335

バンドックのキャリーカートMBD-335は、台座がないタイプなので、クーラーボックスやケースを持ち運びたい方におすすめです。40㎏のものまでOKなので、大きくかさばるものでも楽々運べます。本体サイズは約33.5x48x93cmで、折りたたみ時のサイズが約31x14x58cm。本体重量も約2.3kgと、バンドックの技術を最大限詰め込んでいるのに、お財布に優しい値段なのが嬉しいですね。

プロックス ビーチキャリー

プロックスのビーチキャリーは、名前の通り砂場に強いキャリーカート。タイヤ幅がなんと14.5cmもあるので、砂場でもタイヤが沈みこまずすいすい運べます。もちろん軽量なのもうれしいポイントです。本体サイズは約98×59×41cmで、折りたたみサイズが約98×59×19cm。本体重量は約3.2kgで、耐荷重は約30kgです。歩きにくい砂浜でも軽いキャリーカートなら、簡単に荷物を運べますね。

NEXT gowellスマートカート