ヒメマスってどんな魚?ベニザケとの違いや料理について解説します

ヒメマスがどんな魚で、ベニザケとの違いはご存じでしょうか。ヒメマスは水産資源として注目を浴びて、原産地から各地の湖に養殖のために卵や稚魚が放流されています。この記事では、ヒメマスの生息地や生態、ヒメマスとベニザケの違い、釣り方、いろんな料理をご紹介していきます。

この記事をかいた人

夢は、大自然の土地に住むことです。

ヒメマスの生息地・分布

日本の原産地は阿寒湖とチミケップ湖

ヒメマスが、自然に分布するのは北海道の阿寒湖と網走川水系のチミケップ湖です。どちらも日本の原産地として有名です。阿寒湖のヒメマスの卵が道内の支笏湖に移植されたことで、各湖に広がりました。

水産資源として放流

日本でヒメマスの養殖では、北海道・支笏湖、本州では青森県・十和田湖、栃木県・中禅寺湖、神奈川県・芦ノ湖、山梨県・西湖、本栖湖など、多くの湖にヒメマスの卵や稚魚が水産資源として放流されました。

ヒメマスの特徴・生態

銀白色のヒメマス

普段のヒメマスの表面は鮮やかな銀白色をしています。ヒメマスの体色・特徴として、頭部から背部は青緑色で、背中と尾ビレに黒い小さな斑点が多くあります。産卵期になると、見た目が大きく変わってきます。

秋の産卵期のヒメマス

ヒメマスは雌雄によって、見た目も違います。雄のヒメマスは体高が高く、秋の産卵期になると真っ赤な婚姻色が上半部に表れます。雌のヒメマスは体高が低く、産卵期にはお腹に卵を抱えて雄同様に婚姻色が表れます。

ヒメマスの生活環境

ヒメマスは水温が10℃~13℃の低温で生活しています。一生のサイクルを湖で過ごしますが、全長は1年目で16cm程度まで、性成熟すると20~50cm前後まで成長します。食べる餌や量によって大きさが変わります。

ヒメマスの餌・産卵期

餌は、小型魚類のワカサギや水面に落ちてきた甲殻類、昆虫などを食べます。餌の競合を起こしてヒメマスが減少する場合もあります。産卵期は10月~11月に浅い湧水のある場所で産卵します。

ヒメマスとベニザケの違い

NEXT ヒメマスとベニザケの違い