おすすめシーバスロッド9選!〜初心者から上級者まで〜

実際の表示

ロッドの硬さの表示は柔らかい方から順に、UL(ウルトラライト)、L(ライト)、ML(ミディアムライト)、M(ミディアム)、MH(ミディアムヘビー)、H(ヘビー)、XH(エクストラヘビー)となっていて、シーバス釣りでは各メーカーともMLを基準とする傾向にあります。

初心者のシーバスロッドの選び方

初心者は「万能型」ロッドを選ぼう

では具体的にどうやってロッドを選べば良いのでしょう。先ほど「ロッドはフィールドに合わせて選ぶ」と書きましたが、初心者から考えてみるとこれは当てはまりません。矛盾していますが、初心者の場合どのようなフィールドに通うことになるかわからない状態だと思います。

多種多様な釣り場を見てみよう

シーバス釣りは一つのフィールドに通い詰めることが一番の上達方法ですが、初心者はどこのフィールドに通えば良いかわからないはずです。単純に家から一番近いという理由でフィールドを選択しても良いのですが、まずは色々なフィールドを周って見てください。そのためには汎用性があって、取り回しが楽、できれば価格も抑えめなものが良いです。

初心者におすすめシーバスロッド

初心者におすすめなのはズバリ8.5〜9フィート前後でMLのロッドが良いです。シーバスロッドの中で基本的な長さと硬さになります。この分類のロッドは汎用性が最も高く、どのフィールドに行ってもそれなりの活躍をしてくれます。もう一つ重要な点が、「様々なルアーを投げられる」という点です。ロッドは対応ルアーがグラムで表記されています。ルアーのポテンシャルを発揮するためにも、表記重量の範囲内でルアーを使用するようにしましょう。

シマノ ルアーマチック S86ML 

コストパフォーマンスに優れ、シマノでシーバスの入門としてはうってつけの1本です。適合ルアーも6〜28gと最も一般的に使う8-12g前後のルアーをキャストするのにぴったりですし、20gくらいの重めのジグなども投げられます。初心者が安くて万能なロッドを選ぶならこの1本でしょう。

出典:Amazon

ダイワ リバティクラブ シーバス 86ML

こちらはダイワのシーバス入門としてぴったりの1本です。シマノのルアーマチックには劣りますが、この価格で水中の動きを感じられる感度を持っているのは素晴らしいコストパフォーマンスです。初心者がシーバス釣りを始めるに当たって、安くて必要な要素を全て持っているロッドです。

出典:Amazon

パックロッドも初心者におすすめ

パックロッドはロッドピースを増やして仕舞寸法を小さくしたロッドです。初心者の場合、通うフィールドが決まっていませんので、色々なところでルアーを投げてみたくなるはずです。パックロッドならば携帯性が優れているのでいつでもどこでも持って行くことができます。

シマノトラスティックS710-810ML

少し値段は張りますが、パックロッドでおすすめの1本がシマノのトラスティックです。このロッドの素晴らしいところはパックロッドの携帯性はもちろんですが、上から3継目のピースを1本足すことができて、ロッドの長さを1フィート長くできる点です。「もう少しロッドが長ければ」といったシチュエーションに対応してくれます。

出典:Amazon

中級者のシーバスロッドの選び方

通いつめるフィールドを決めたら、シーバスを実際に何匹も釣り上げてくれば初心者も卒業、中級者となりますが、今度はいくつかのフィールドに挑戦したくなるはずです。そこで初めて「ロッドはフィールドに合わせて選ぶ」となってきます。

NEXT フィールド別で長さを決める