おかっぱりにおすすめなバーサタイルバスロッドを徹底分析!

バーサタイルとは、ルアー釣りで使われる用語の一つです。その意味は多様性や対応幅が広いことで、この釣りでは1本のロッドで扱うことができるルアーの種類や釣り方の幅広さを指す言葉です。万能竿を格好よく表現した言葉とご理解いただければいいでしょう。特におっかばりのルアー釣りをされる方は携行するロッドの数が限定されますので、一つの竿にかける思いは違います。そこで、ここではおかっぱりにおすすめなロッドなどについて解説していきます。

この記事をかいた人

釣り大好き人間です。現在、小型船舶免許1級を所有しており、ボートでのルアー釣りを楽しんでいます。釣り以外では、日本の城に興味を持ち、全国お城100選の旅をしています。

おかっぱりに最適なバーサタイルバスロッドの特徴

持ち運びの良さ

長い時間、何度も投げを繰り返すバス釣りで使うバスロッドは、軽めの方が疲れを軽減してくれるので、おすすめです。できればリールを含めたもので軽量のものがいいでしょう。また、おかっばりでは釣り場を移動してバス釣りをするので、ロッドは、長めより短めにすると持ち運びがさらに便利になります。

いろいろ投げれる

オカッパリのバス釣りでは、トップウォーターやビックベイトなど魅力的なルアーを多く使います。許容の範囲内のルアーの重さであれば、いろいろなルアーを投げることができる、使いやすくしかも万能であり、いわゆるオールラウンドなバスロッドが必要です

バーサタイルバスロッドの選び方

バーサタイルバスロッドの長さ

バスロッドの長さは、フィート(1feet:約30.48cm)やインチ(1inch:約2.54 cm)で表しています。標準の長さは、スピニングタイプが6feet(約183cm)から6feet6inch(約198cm)で、ベイトタイプが6feet6inchから7feetです。持ち運びや手返しのよさ、投げやすさで考えると長くても6feet6inch程度の長さを選ぶとよいでしょう。

バーサタイルバスロッドの硬さ

ロッドの固さ(パワー)はUL (ウルトラライト)、L (ライト)、ML(ミディアムライト)、M (ミディアム)、MH (ミディアムヘビー)、H(ヘビー)、XH (エクストラヘビー)で表しています。最も柔らかいのがULで、最も固いのがXHです。

バーサタイルという点で選ぶとベイトタイプはMLまたはMを、スピニングタイプはLまたはMLがいいと思います。この固さなら投げやすくいろいろな重さのルアーに対応できます。ベイト(M)とスピニング(L)の2本を携行すれば、ほとんどのルアーを投げることができます。

また、ロッドの選び方で見逃せないのが調子(アクション)です。調子は、F(ファスト:先の方から曲がる)R(レギュラー:真ん中よりやや上から曲がる)S(スロー:真ん中もしくは真ん中よりやや下から曲がる)があります。さらには、FとRの中間の調子RF(レギュラーファスト)などがあり、中でもRまたはRFは投げやすく多様な釣り方に対応できます。

バーサタイルバスロッドの重さ

おかっぱりではリールを装てんしたロッドを持って歩きますので、当然ロッドとリールを合わせた重量が軽量なのが疲れません。しかし、同じ重さでも、ロッドとリール全体の重量バランスが悪いと使い心地や疲れが変わってきます。

バランスのよいロッドは、どんな重さのリールをつけてもほとんど問題はないので、ロッドはできるだけ軽く重量バランスのよいものを選択しましょう。

ダイワのおすすめバーサタイルバスロッド3選

おすすめのバーサタイルバスロッド①「ダイワ ブラックレーベル 661MRB」

出典:Amazon

●全長:1.98m / 仕舞:198cm
●継数:1本 / 自重:149g
●先径:2.5mm / 元径:14.9mm
●ルアー重量:3/16-1oz

価格:¥ 30,761(2018年11月23日時点)

オカッパリでのバス釣りをこの1本で対応することを目的に開発され、スピナーベイトをはじめ様々なルアーを幅広く投げることができるバーサタイルバスロッドです。感度よくターゲットとのやり取りにも安心感を持たせ、使いやすいモデルとなっています。

おすすめのバーサタイルバスロッド②「ダイワ スティーズ FIREWOLF(ファイアウルフ) SC 6111M/MHRB」

NEXT おすすめのバーサタイルバスロッド②「ダイワ スティーズ FIREWOLF(ファイアウルフ) SC 6111M/MHRB」