キャンプの準備はこれでバッチリ!チェックリストを使って効率的に

アウトドアで定番となっているキャンプには、様々なアイテムが必要になってきます。そのため、準備の段階からしっかりやっておくことは非常に重要です。ということで、キャンプの準備の仕方、必要なアイテム類などについてご紹介します。

この記事をかいた人

記事をお読みいただきありがとうございます、中村雄二と申します。バイクに乗ることが好きな若者です。ツーリングキャンプ系統の記事を好んで書いたり読んだり…。よろしくお願いします。

キャンプに行きたい!でも何から始める?

まずはリサーチから

キャンプの準備は、まずリサーチをすることから始めることをおすすめします。リサーチの方法としては、例えばキャンプ雑誌などのアウトドア雑誌で情報を集めるという方法があります。最新のアウトドアアイテムやキャンプのノウハウなどが紹介されているものもありますので、初心者にはおすすめのリサーチ方法です。

キャンプ経験者に聞くのも効果的

アウトドア雑誌での情報収集のほかにも、実際にキャンプを経験されている知人の方に聞いてみるというのも効果が非常に高いです。なにせキャンプをその身で体験しているのですから、下手に雑誌で情報を集める方法よりもずっと分かりやすくキャンプについて知ることができます。キャンプを趣味にされている知人がいらっしゃるならチャンスです。

キャンプの準備をしよう!住居系統編

まずはテントから

それではここからは、キャンプに必要なアイテムを具体的にご紹介していきます。まずはなんといってもテントです。ご存じの通りテントはキャンプ場において宿泊する際必要になる寝る場所であり、寝室以外にも天候が悪く雨が降ってしまったときには荷物と一緒に避難する場所にもなります。

テントに必須のペグ&ペグハンマー、シート

テントを設営するにあたって、まずペグとペグハンマーというロープを地面に固定させておくためのアイテムが必要です。テントに付属のものは強度が弱く使いにくいことが多いので、付属品以外に頑丈なものがあると、硬い地面でもペグをしっかり刺すことができます。テント内のシートはテント自体に汚れが付くのを防げますので、これも必須です。

寝袋やマット等の寝具や明りも忘れずに

テント内で寝るのなら、シュラフ、所謂寝袋やマットも使うことになります。寝袋といっても夏は暑苦しくならないよう、冬は寒さに負けないような防寒対策がされているものが必要になりますし、加えて夜は当然ながら真っ暗になりますから活動するための明りになるランタン、焚き火台なども忘れずに持っていきましょう。

キャンプの準備をしよう!料理系統編

コンロにグリル、テーブルなど

テントなどの居住関係を揃えることができたら、次は料理に必要なアイテム類になります。まずはバーベキューなどをするならBBQ用の、自宅でも作れるものならカセットコンロを使います。またいつまでも料理を持っているわけにはいきませんし、夕食時は明りなどを置くためにもテーブルを用意します。

鍋や燃料、カトラリー

NEXT 鍋や燃料、カトラリー