釣れるエギはこれだ!!種類と選び方、おすすめをご紹介!

この記事をかいた人

エギングに欠かせない「エギ(餌木)」

ライトソルトゲームの中でも今や王道を行くエギング。「エギング」とは、ルアーの代わりに「エギ(餌木)」を使ってアオリイカやスルメイカを釣る、イカ釣りのことです。防波堤など気軽に行ける場所で手軽に楽しめ、けれどハマると奥が深い、そんな懐の深さが魅力的です。釣った後に美味しく食べられることも人気の一つでしょう。このページではそんな「エギング」に欠かせない「エギ」をご紹介!!数多ある種類やその選び方を知り、釣れるエギってどんなものか探っていっちゃいましょう!

エギ(餌木)の歴史

「エギ」の歴史は古く、諸説ありますが、そのルーツは江戸時代の後期にあると言われています。発祥の地も諸説あり、奄美大島であるとか九州地方のどこかであるとか様々ですが、その時代頃から九州地方でこの「エギ(餌木)」を用いたイカ釣りが行われてきたことは確かなようです。現在のようなカラフルなペインティングや飾り付けが施されたものではなく、楠や桐などの材木を火で炙り、木目を美しく見えるように加工を施して作られたとてもシンプルな作りの「エギ」が一般的でした。

見た目もカラフルでかわいい

「エギ」はイカに視覚的にもアピールする必要があるため、カラフルなカラーで彩られています。エギングの流行によって、各メーカーが趣向を凝らしてさまざまな「エギ」を販売してきたため、多彩で多様、見た目にもかわいい「エギ」がたくさん。若い女の子も参加し始めてきた最近のライトソルトゲームの中で、エギングが特に人気なのは、「エギ」の見た目のかわいさ、何か集めたくなる魅力もその人気の理由の一つです。

エギの種類

釣れる「エギ」と一概にいっても、エギングを行う際の天気や海中の濁りなどの水中状況、そして時間帯や季節といった環境条件によって大きく異なります。どのような条件でどのような「エギ」を選択すればよいのか?ここでは大きく「エギ」のサイズやカラー、そして重量の観点からその種類を見ていきます。さまざまな「エギ」の種類を知り、エギングに生かしちゃいましょう!

エギの種類① サイズ

「エギ」の大きさは様々あります。どこで見分けるかと言うと、商品に書かれている「号数」。1号が「1寸」でおおよそ3.03cmです。販売されている「エギ」は、2.0号から4.5号のものまで0.5号刻みであり、長さで言うと6.06cmから13.63cmまでの違いがあります。メーカーによっては細部が違ったり、より大きいものやより小さいものまであります。

サイズによる使い分け

よく言われるのが季節による使い分けです。イカは基本的に自分の大きさより大きな魚やエビは食べないため、狙う時期のイカの大きさによってサイズも変えていきます。秋のまだ子イカから少し大きくなった程度のイカを狙う時は、3号あたりの小さめの「エギ」を、春になり産卵期でイカが大きくなってきたら、3.5号より大きめの「エギ」を使います。

狙うポイントや海流によっても使い分ける

また、狙うポイントや海流の流れによる使い分けもあります。「エギ」のサイズはより大きい方がより遠くまで飛ばすことができるので、遠くのポイントを狙いたいときは、大きな「エギ」を使います。海流の流れが速い時などは、小さい「エギ」では流れに負けてしまうので、この場合も大きな「エギ」を使用した方がよいでしょう。

エギの種類② カラー

「エギ」はそのカラーも多種多様で魅力的。でもあまりにも多すぎて何を選んだらいいか迷ってしまいます。「エギ」のカラーを見るとき、見方としては「エギ」の背中の色と下地の色の2つについて見ていくと分かりやすくなります。「背中」の色が、イカにアピールする要め、「下地」の色が背中の色に合わせ、さらに状況によってその効果を補完する役割をしています。

背中のカラー

NEXT 背中のカラー