メバルの時期を知ろう!メバルの時期でサイズも変わる?

メバルの時期を知ろう!春のメバル

Hans / Pixabay

ゆっくりと春の訪れを感じるこのシーズンは、最も楽しめる季節です。この時期は、産卵が終えてメバルの体力なども元気に戻ってくる季節なのと、春のベイトフィッシュを合図に、本格的にメバルの釣りを体感できる最高の時期です。

3月のメバルは冬仕様

少しづつ暖かくなったり寒かったりと海水の温度が少しづつ暖かくなり始めますが、肝心なメバルはまだ動きもゆっくりで冬の季節からまだまだ目覚めが悪い状態のため、釣るには岸壁などのスレスレの部分でのワームを使ったアピールがおすすめです。

また、3月でも暖かい日などは、プラグでも期待ができるためはじめに試してみることもおすすめです。

4月のメバルは大型が狙える

近場の港湾辺りでも、25センチ以上の大きさが釣れやすいのが4月頃です。産卵後の元気を取り戻した時で、普段から疑心が強めのメバルたちも、この時期はなぜか狙いやすく、釣れる場所は色々ですが浅い範囲でも釣れてくるため、プラグでの仕掛けがおすすめです。

また、海底で根や駆け上がりといった暗いところのに大型が隠れている場合が多いのでそのあたりを積極的に狙っていくことも良いですね。

5月のメバルは最盛期

blickpixel / Pixabay

夏に多くなり赤潮の原因となり魚介類などが被害にあうと言われている夜光虫がではじめるこの時期が最盛期にあたり尺メバルをプラグを使って狙い釣る事のできるのが5月です。チアユやバチなどベイトフィッシュについて移動するので日によっての釣るポイントが色々と変わってくることが多くあります。逆に魚の集中しているポイントを探せば釣りやすいこともあります。

春のメバルの釣り方

最も盛んな時期の5月付近から釣るには非常に良い時期となり、水温が上がるにつれ遊泳層が浅くなっていき、大きいサイズも釣りやすくなってくるので4,5月はプラグで遊ぶのがおすすめです。

また、春初めの3月はワームを中心に簡単に楽しむなど使い分けがポイントとなります。河口近くや排水の流れ込み付近、船溜りやワンドといったベイトフィッシュのいそうな場所のチェックも忘れづにすることが必要です。

メバルの時期を知ろう!夏のメバル

春に必要な栄養を溜め込んだ大型のメバルが美味しいと人気を集めるこの時期は、水温がだんだんと上がっていき小型が主に釣れ、日中の暑い時間帯よりは断然夜の時間帯での釣りを楽しむシーズンです。

6月のメバルは雨上がりを狙おう

Free-Photos / Pixabay

徐々に気温が上がり暑いと感じると同時に、梅雨の季節となり湿気も多くムシムシしてくる6月は、水温も暖かくなりメバルが好まない温度となるため、釣れるサイズもあまり期待はできない釣りにくいシーズンとなります。

しかし狙い目は潮の流れに動きのでる雨が降った後です。天気予報をマメにチェックすることも大切です。

7月のメバルは水温が低い所を狙おう

メバルが好む水温では完全になくなったこの月からは、釣れないシーズンに入る為、オカッパリといった辺りからの狙うことの難しい、海藻の中や沖の深い場所に静かにいることが多くなります。

基本的には、隠れて入る場所の検討がつくため水温の低そうなポイントを狙っていくことが大事になってきます。

NEXT 8月のメバルは上級者向け