キャンプで燻製を始めよう|初心者必見!燻製レシピとそのやり方

コストパフォーマンス最高!ダンボールを使ったキャンプ燻製

キャンプでの燻製方法をご紹介してきましたが、スモーカーとしてダンボールを用いる「ダンボール燻製」というのがあります。メリットとしてはコストパフォーマンス良く、スモーカーの費用がほぼタダです。この章ではダンボール燻製の良さと必要な道具をご紹介します。

ダンボールを使うよさは

ダンボール燻製ではスモーカーを自作することでスモーカー代が節約できます。また、ダンボールは保温性に優れているので、内部の温度が外気に影響されにくいということが言えます。

さらに持ち運びが手軽で、かつ後始末が簡単です。そしてダンボールなので洗わずにそのまま捨てることができます。

ダンボール燻製に必要なもの

ダンボール燻製に必要な道具は、スモーカー本体になるダンボール、中を密閉するための布ガムテープ、金網、金網を乗せる台に使う割り箸などの細い棒、燻煙材です。

ダンボールはあまり大きいものだと時間がかかってしまうので、大きさは一斗缶程度の大きさで十分です。また燻煙材は熱源にもなるスモークウッドが初めての場合はスオススメです。

ダンボールスモーカー(燻製器)の作り方

道具が準備できたらダンボールでスモーカーを自作していきます。家族でキャンプに行く場合は、子供といっしょにスモーカーを作って、デコレーションするのも楽しいイベントになるのでオススメです。

作り方

まず、ダンボールに持ち手の穴などがあればガムテープで塞ぎます。次にダンボールの四つの角に外側から斜めに割り箸などの棒をそれぞれ水平になるように刺します。

この部分が金網を乗せる台になります。上から食材を取り出す場合は1段の金網で、横から取り出す場合は必要な段数の金網をセットすることができます。

ダンボールスモーカーを使ったキャンプ燻製のやり方

この章ではダンボール燻製の工程の進め方についてご紹介していきます。ダンボール燻製をやる上で考えることはどのぐらいの食材を使うのかです。金網一枚で足りない場合は2段3段と金網を乗せる台が必要にあるので、作成する前に確認が必要です。

以上を踏まえた上で、以下で動画をもとに進め方を紹介していきます。

実際にダンボール燻製をしてみよう!

食材は水気を飛ばすなど下ごしらえをして金網に乗せます。金網はダンボールの中にセットしダンボールは上下を開けておきます。スモークウッドを使う場合はスモークウッドにピートパウダーなどの燻製向けの着火剤を振りかけて着火します。

その上からダンボールを被せ、ダンボールの上の部分を閉じます。

安全第一!設置場所や風向きに注意!

ダンボール燻製で注意しなければならないのが火事です。設置場所のそばに乾燥した枯葉がないか、風でダンボールが飛ばされる危険性はないかを確認します。また、テントや人がそばに多い場合は煙で思わぬ迷惑をかける場合があるので注意です。また、お子さんがいる場合はスモーカーから目を離さないようにしましょう。

NEXT キャンプ燻製おすすめスモーカー(燻製器)