キャンプで燻製を始めよう|初心者必見!燻製レシピとそのやり方

燻製やスモークといえば、お店で買ったり注文することが一般的です。ところが今回ご紹介するのは簡単にできるキャンプでの燻製です。キャンプでの燻製は自分で、そしてキャンプ場で、また場合によっては自分で作った燻製器で燻製料理を作り、食べることができます。いかにして簡単にキャンプ燻製ができるのかをこの記事ではご紹介していきます。

この記事をかいた人

アウトドア関連、特にキャンプに関するおすすめグッズやブランド、アウトドアファッション関連が得意分野です。「次のキャンプにはこれを持って行こう」と思えるようなアイテム紹介やライティング、画像選びを心がけております。

キャンプでの燻製とは

キャンプ燻製とは文字通りキャンプで燻製調理をすることですが、本来燻製は長い場合は数日かけて食材に煙をまとわせて、風味を引き出し、殺菌し保存可能な食材に変化させるものです。

キャンプ燻製はその工程を「熱燻製」という方法によって数時間に短縮してキャンプで行うものです。この章ではキャンプ燻製の種類と基本をご紹介していきます。

燻製の種類:冷燻法

燻製には冷燻法、温燻法、熱燻法の3種類があります。違いは調理中の温度と時間です。冷燻法は25度以下の温度で燻製する方法で、温度が低いため2週間から数ヶ月という長時間の燻製が必要です。

これによって食材の中の水分のほとんどが抜け、美味しさが凝縮されます。ただし、燻製期間中に外気温が25度を超える場合は行えません。

燻製の種類:温燻法

温燻法はもっとも一般的な燻製方法で、日頃私たちが目にする「スモーク」と名付けられている食品のほとんどがこの温燻法で行われます。特徴は50度から80度の温度で燻製し、燻製期間は数日から1週間です。

食材に残る水分は50%程度なので、日持ちしにくいため、調理後はすぐに食べたほうがいいです。

燻製の種類:熱燻法

キャンプ燻製で最も適している燻製方法が熱燻法です。熱燻法は80度以上の温度で1時間から数時間燻製します。

短時間の燻製のため、食材中の水分の多くは中にとどまり、ジューシーさを残したまま、スモークされた風味を楽しむことができます。

知っておきたい燻製づくりの基本

キャンプでの燻製は比較的短時間で調理できる「熱燻法」を行います。熱燻法は「蒸し焼き+香りづけ」程度の燻製で、1時間程度のスモークがオススメです。

燻煙材はスモークチップとスモークウッドを使います。違いは、前者が電熱器などの熱源が必要で、後者はスモークウッド自体に火をつけるので熱源を必要としないところです。

簡単に作れるキャンプでの燻製レシピ

キャンプ燻製の大まかな流れは①「食材の下ごしらえ(乾燥など)」②「燻製する」の2段階です。この章では①をメインに取り上げます。

それは燻製方法での注意点が温度と時間という点が共通しており、それ以上に出来上がりは下ごしらえ次第で大きく変わってくるためです。キャンプ燻製をおいしく仕上げるためのポイントをご紹介します。

定番キャンプの燻製レシピ:チーズ

チーズの燻製の場合、下準備ほとんと必要なく、お好みで表面にブラックペッパーやハーブソルトを振ると、塩気やスパイシーさ、ハーブの香りも加わり、風味が豊かになります。

燻製時間はおよそ40分程度で出来上がるので、ちょっとおつまみが欲しい時にオススメです。

定番キャンプの燻製レシピ:ゆで卵(くんたま)

NEXT 定番キャンプの燻製レシピ:ゆで卵(くんたま)