キャンプ料理で子供が喜ぶ!親子で一緒に作れるおすすめ料理10選!

自宅と違いキャンプ場で食べる料理は大人だけでなく子供にも大人気。アウトドアでしか楽しめない料理や豪快なキャンプ料理は、テンションがあがります。さらにお遊びやお手伝い感覚でも、キャンプ料理に子供も参加できると、さらに美味しく感じます。

この記事をかいた人

アウトドア関連、特にキャンプに関するおすすめグッズやブランド、アウトドアファッション関連が得意分野です。「次のキャンプにはこれを持って行こう」と思えるようなアイテム紹介やライティング、画像選びを心がけております。

炭火で作る、子供が歓ぶキャンプ料理2選

テントサイトの焚き火や炭火でお子さんと一緒に料理するのはいかがでしょうか。たしかに焚き火に近づくのは確かに火傷の危険があります。ですが下準備を家で済ませ、いざ焚き火を使う工程は大人がやって、それまでを一緒に行えば、お子さんにとってキャンプのいい思い出になります。

スキレットでつくる、チーズ野菜焼き

今ではスキレットはキャンプ料理には欠かせないアイテムとなっています。スキレットを使ったチーズ野菜焼きは普段野菜が嫌いな子どもたちにも工作感覚で手伝ってもらうことで「大嫌いな野菜も克服!」なんてこともあるかもしれません。

スキレットでつくる、チーズ野菜焼きのレシピ

【材料 お好みの野菜、ピザ用チーズ、塩コショウ、顆粒コンソメ、ガーリックパウダー、オリーブオイル】まずスキレットにオリーブオイルを入れ、そこへガーリックパウダーを適量ふりかけます。そしてお好みの野菜を並べ、ピザ用チーズを乗せ、フタや余分なスキレットを上から被せて、火の直接当たらないところに10分ほど放置で完成です。

子どもと一緒に作れるポイント

野菜を並べるところではプチトマトやウィンナーなどを使って模様になるように並べてみたりすると楽しいです。その野菜の中に嫌いな野菜などを混ぜておくと知らず知らずに食べて苦手克服!なんてことも期待できます。

ホットドッグ

ホットドッグをお子さんと一緒に作れば、コッペパンなどにソーセージやピクルス、ゆで卵やアボカド、いろんな野菜をなんでも挟んで豪快に食べるなんていうワイルドなランチはいかがでしょうか。欲張って挟みすぎてしまってもワイルドランチだからOKです!

具だくさんホットドッグのレシピ

【材料 コッペパン、ソーセージ、お好みの野菜やピクルスなど、キャチャップやマスタード、マヨネーズなど】パンはお好みで炙ってもいいでしょう。その後は自分お好きなように具材を持って挟んで食べるだけです!服が汚れないように食べるときは紙袋などに入れて、紙の上の部分を剥いて食べると汚れずに皿も使わずに済みます。

子どもと一緒に作れるポイント

ここはお子さんと「どっちが美味しそうなホットドッグが作れるか競争」というアトラクションにしても面白そうです。または「テント張りを頑張っているパパに作ってあげよう」とかでもいいでしょう。ソーセージや野菜のカットは自宅で済ませたり、大人がやってあげるとお子さんの怪我の心配がなく安全です。バーベキューコンロについては以下の記事があります。

ダッチオーブンで作ろう!子供も大好き豪快キャンプ料理3選

煮る・焼く・蒸すなど、キャンプ料理で大活躍するダッチオーブン。その真骨頂は「ほったらかし料理」です!材料を仕込み、後はダッチオーブンにお任せ。手間がかからない上に出来上がった時のスペシャル感はキャンプ一層盛り上げてくれます。ダッチオーブンについて詳しくは以下の記事があります

ローストチキン

NEXT ローストチキン